マキベリーのダイエット効果にメディアが注目!テレビでも紹介された5つの凄い秘密とは?

マキベリーのダイエット効果にメディアが注目!テレビでも紹介された5つの凄い秘密とは?

HfiI8jZn.jpg

マキベリーのダイエット効果が凄いらしい♪

マキベリーにどのくらいのダイエット効果があるのか、ワクワクするような情報を、私ほそみんも楽しみに読みたいと思っているの。マキベリーと言うとイチゴとかの種類のフルーツなのだけど、他のどんなベリー類よりもパワフルな抗酸化作用があって、ダイエットをはじめとする美容や健康を維持してくれるのです。

そんなマキベリーの特徴、効果、栄養素、オススメのレシピやマキベリーサプリをたっぷりお伝えします♪


ほそみん
マキベリーはポリフェノールをたっぷり含むスーパーフルーツとしてダイエッターや美肌ケアには欠かせない成分なのよね。これだけに高い効果を発揮するマキベリーに隠されたその秘密を知りたい方必見よ♪


 マキベリーって何?知っておきたい基礎知識

マキベリーを初めて耳にしたこともある方も多いと思いますが、そもそもマキベリーはどこで育っていて、どんな時期に収穫されるのでしょうか。また美肌効果のためにすでにせっせと摂取している方、マキベリーのカロリーはご存知ですか!基本的なマキベリーのプロフィールを手始めにお伝えすることにします!

ホルトノキ科の植物の果実

マキベリーの故郷は南米チリ南部にある厳しい大地パタゴニアに生息している、6mmほどのカワイイ実。ホルトノキ科のマキと呼ぼれる植物につくため、マキベリーと名前がついたのでしょうね。

一見ブルーベリーと見間違えてしまいますが、実はマキベリーが持つポリフェノールはブルーベリーの14倍もあるとは驚きです!さらに抗酸化作用は7倍だから、どうりで世界中のVIPにも注目されているフルーツとなるのよね♪

100gあたりのカロリー

マキベリーはイチゴやブルーベリーのように、お店で販売されていませんので、通常は粉末や粒などのサプリで利用するようになります。パウダー状になったマキベリーは小さじ一杯(5g)で5kcalとなるので、100gですと100kcalとなります。

決して低カロリーではありませんが、マキベリーは濃厚なブドウやミックスベリーのような味があり、甘酸っぱい美味しいフルーツなので、サプリで摂取するときには過剰にならないようにカロリーに気をつけましょうね♪

旬の時期

マキベリーの旬の時期は不明ですが、どのフルーツにも言えることは成熟したフルーツはそれなりに栄養素もアップすることです。マキベリーは果実のまま摂取することは日本では不可能なので、実際食べて美味しい!と見極めることができませんが、せめてサプリで使用されるマキベリーが成熟しているものであれば良いですね♪


女性必見!マキベリーの美容効果

マキベリーにはどんな効果があるのでしょうか。早速注目すべき5つの効果をたっぷりお伝えします。ダイエット?美肌?などなど女性が気になる悩みをすっきりと解消してくれるマキベリーはこんな素晴らしい作用があります!

脂肪燃焼の促進

皮下脂肪を抑えたい時にマキベリーが効果的というのは、本来人間に備わっている脂肪をつける白色脂肪細胞を、脂肪燃焼ができるベージュ脂肪細胞に変えてくれるからです。これはマキベリーに含まれているポリフェノールの強い作用のおかげで、脂肪の質を変化させることできるとはすごいパワーですね!

血糖値の上昇を抑制

通常インスリンは摂取した食品に含まれるブドウ糖を細胞に送り込み、エネルギーにしながら体の機能を助ける役割をしています。しかしインスリンが正常に分泌されず、ブドウ糖を細胞に届けることができなくなると、血液中にブドウ糖が蓄積されて血糖値が上がってしまいます。

また血糖値を上昇させる食事や大食いなどをすると、インスリンが血液中のブドウ糖(糖分)を全て細胞内に送り込むことができず残ったインスリンは脂肪となってしまい太る原因となってしまうのです。そんなインスリンの上昇を抑えてくれるのがマキベリーなのです。さらにコレステロールや中性脂肪も抑えてくれる作用もしてくれますよ。 

肌の老化予防

高い抗酸化作用を持つマキベリーは肌の細胞をみずみずしく健やかに整えてくれます。活性酸素が体内に溜まってしまうと、シワやたるみなどを防止したり、促進してしまうことを防止して若々しく肌を整えてくれるのがメリット。​ 

エイジングケア

マキベリーには紫外線から肌を守るアントシアニンも含まれており、メラニンの生成を抑えながらしみやそばかすを防ぎ、透明感ある肌を維持することができます。紫外線によるダメージからしっかり肌を守ってくれますよ♪

炎症の抑制効果

マキベリーに含まれるアントシアニンには炎症を抑えてくれるデルフィニジン類が含まれています。このデルフィニジンは強い作用で活性酸素を除去してくれるので、免疫を高めてくれることで炎症も治りやすいのですね♪


マキベリーに含まれる主な栄養素

マキベリーに含まれる主な栄養素の効果をここで詳しくチェックしましょう。マキベリーがダイエットや健康にこれだけ素晴らしい効果を与えてくれる秘密にはこれらの有効成分が働いているからなのですね。今まで漠然とマキベリーを摂取していた方でも改めて成分の効果を知ることでますます体の内側からすっきりが実感できますよ♪

アントシアニン

マキベリーにはアントシアニンと呼ばれる体調や美肌を維持する成分含まれていますが、このアントシアニンには強い抗酸化作用を発揮するデルフィニジンがたっぷりと配合されています。抗酸化作用といえば、活性酸素を除去して体の細胞を健やかに維持してくれますよね。

そのためデルフィニジンは糖尿病などの生活習慣病やガンを予防してくれるほか、脂肪燃焼や中性脂肪をカットしたり眼の健康も担ってくれるのですよ。もちろんシワやシミなどを防止して肌に透明感やハリを高める効果も発揮します。このように美容と健康のダブル効果を与えてくれるアントシアニンの作用が、マキベリーをスーパーフードにしていると言っても良いでしょう。

マキベリーにはブルーベリーの14倍のアントシアニン(ポリフェノール)が含まれています。ブルーベリーの中でもビルベリーは100g/350mgのアントシアニンを含んでいるそう。そうなると350mgx14=4,900mgのアントシアニンがマキベリーに含まれているとはすごいですね♪

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用をしたり、コラーゲンを作ってくれる成分として美肌や健康には欠かせない成分です。肌にハリを与えたり、紫外線によるメラニン色素の増加を防いでくれるので透明感やツヤのある肌が維持できるでしょう。また骨を丈夫にしてくれるのでしっかり毎日適量を摂取することをオススメします。

赤血球のヘモグロビンである鉄は全身へ酸素を送る大切な役割をしています。さらに細胞をみずみずしく整えてくれるアントシアニンやビタミンCなどの成分がしっかり作用することによって、鉄の吸収が良くなりさらに好循環をもたらします。体をイキイキと快調に維持してくれるのでしょう!

カリウム

カリウムは体内のナトリウムを一定量に保つ役割をしてくれます。そこでカリウムが不足してしまうと体内の塩分量を調節することができず筋肉や神経機能が衰えて、疲労感、消化不良、不整脈、腎臓機能低下などの症状が起こりやすくなります。

またカリウムは余分な体内に必要のないナトリウム量を排出してくれるため、それなりに濃度を薄める余分な水分も必要としないためむくみを防止することができるのです。


専門家推奨!効率的なマキベリーの食べ方

マキベリーはどんなタイミングで摂取するのが一番でしょうか。希少なスーパーフルーツの効果をできるだけ多く発揮させるためにも、食べる量にも気をつけたいものです。またブルーベリーのように生では食べることができないマキベリーですので、どんな方法で摂取できるのかもここでチェックしておきましょうね♪

食間に摂取する

食事からポリフェノールを体内で維持するのは不十分なので、タイミングよくマキベリーを摂取して持続させるようにしましょう。ポリフェノールは摂取してから3時間ほど経つと体内から消えてしまうため、朝食と昼食か昼食と夜食の食間に食べると良いです

午後に摂取する

マキベリーは食間に食べることでポリフェノールを効率よく作用させることができますが、細かく言えば朝食と昼食間では、比較的午後よりも間隔が狭いため、午前中では朝食で摂取したポリフェノールで昼まで間に合う場合が多いでしょう。そのため昼食から夕飯の間に摂取した方がより効果的と言えます。

昼食時間が終了してから3時間を目安に計算して、午後3〜4時頃の食間に摂取しフェノール効果を持続させましょう。またダイエットや健康のためにとポリフェノールを過剰摂取してしまっても蓄積されないため、マキベリーを無駄遣いしないためにも適量を摂取してくださいね♪​

過剰摂取に注意する

マキベリーをたくさん食べてもいきなり体調がシャキッとなったり、スリムボディになりたいと大量に摂取すると副作用が起こることがあるので注意しましょう。

例えば60mg以上のビタミンBの過剰摂取は神経障害を及ぼしたり、カリウムを2,000mg以上摂ると不整脈や低血圧を起こすことがあります。またビタミンCでも1,000mg以上摂取すると、下痢や吐き気が起こることがあるので注意が必要です。

パウダー・ドリンクを活用する

マキベリーは新鮮なフルーツとして販売されていませんので、基本的にサプリで摂取することになります。パウダードリンクなど飲みやすく加工しているので、サッと用意ができオススメです。フルーツのようにすぐに腐ってしまうことがないので、旅行にもオフィスにも気軽に持参することができますよ☆

またマキベリーの他にも美容と健康に欠かせない栄養素がプラスされている商品もあるので、マルチ栄養バランスが整ったサプリとして摂取するにもオススメです♪


美容家おすすめ!マキベリーレシピ3選

マキベリーで美味しいレシピを作ることができます。マキベリーパウダーを溶かしてそのままサプリドリンクとして飲むのも良いですが、毎日摂取すると飽きてしまうもの。

そんな時にマキベリーをアレンジして栄養満点のおやつに変化させれば食べるのが楽しくなります。ベリー類であるマキベリーを使ったレシピはスイーツ系が多いですが、どんなスイーツにオススメなのかここでヒントを得てトライしましょう!

マキベリーの簡単スムージー

朝食やおやつにぴったりのスムージーを毎日美味しく飲みながら抗酸化作用でイキイキアップ!乳酸菌を含むヨーグルトで腸内環境もすっきりと改善しますよ。さらに美肌を目指したい時には、豆乳を使用しましょうね♪


材料

  • マキベリーパウダー​・・・小さじ2杯~お好みの量 
  • ヨーグルト(無糖)・・・ お好みの量 
  • 牛乳または豆乳 ・・・お好みの量
  • ガムシロップ・・・ 1個​​

​作り方

  1. 材料をミキサーに入れて全部混ぜる
  2. グラスに注いで出来上がり!

​ポイント

 ヨーグルトはビフィズス菌が含まれているものならさらに良し。氷を入れれば夏の美味しいデザートになります♪


RAWマキベリーボウル

いわゆるフルーツポンチです!ビタミンB6やカリウム、ポリフェノールが豊富なバナナ、ポリフェノールいっぱいのブルーベリーを満遍なく摂取できるマキベリーボウルは、食後のデザートやおやつにヘルシースイーツとしてオススメです!

材料

  • 完熟冷凍バナナ・・・1本 
  • ブルーベリー・・・ 20g
  • デーツ ・・・3個 
  • マキベリーパウダー・・・ 小さじ2 
  • バニラエクストラクト・・・ 少々​​
  • 水・・・適量
  • トッピング・・・お好みで

作り方

  1. ​完熟したバナナを輪切りにカットして冷凍しておく
  2. ブレンダーに全材料を入れてかくはんする
  3. 2を器に入れて、ナッツやフルーツなどお好みの材料でトッピングする

​ポイント

かくはんする時には、水は一度に入れずに状態を見ながら少量ずつ加えましょう♪


マキベリーのレアチーズケーキ

マキベリーをたっぷり使用したレアチーズケーキは年間を通して美味しくいただけるスイーツ♪​ゲストのおもてなしとしてもオススメです!今日は腕をふるって美肌やダイエットにオススメの手作りレアチーズケーキを頬張りましょう♪

材料

  • クリームチーズ・・・200g
  • 砂糖 ・・・60g
  • 生クリーム・・・ 150g
  • プレーンヨーグルト・・・ 50g
  • レモン汁・・・ 小さじ2
  • 粉ゼラチン・・・ 大さじ1
  • 水(粉ゼラチン用)・・・ 大さじ3
  • 無塩バター・・・ 70g
  • ビスケット・・・ 70g
  • マキベリーパウダー・・・適量

​作り方

  1. ​18cmx18cmの角形のケーキ型にアルミ箔、その上にサランラップをしく
  2. 砕いたビスケットに溶かしバターを加えて混ぜ、1に入れて薄く伸ばす
  3. ゼラチンを水でふやかして電子レンジで20秒加熱する
  4. ボウルにクリームチーズ、マキベリーパウダー、砂糖、ヨーグルト、レモン汁、ゼラチン、生クリームの順番で混ぜていく
  5. 2に4を流し入れて冷蔵庫で冷やし固める
  6. お好みのサイズにカットして上にマキベリーパウダーを振りかけて出来上がり!

​ポイント

マキベリーパウダーの代わりにザクロ&REDドラゴンフルーツを使用してもOK!


マキベリーは、こんな人におすすめ

マキベリーはどんな人にオススメなのでしょうか。特にダイエットをしていなくても普段の美容と健康のためには特に制限なく摂取できるフルーツです。中でももっと効果のある抗酸化成分を摂取したい、脂肪燃焼を無理なくしたい方にオススメと言えるでしょう!

マキベリーはこんな人にオススメ

  • 脂肪燃焼をしたい
  • 中性脂肪を抑えたい
  • コレステロール値を下げたい
  • 血糖値の上昇を抑えたい
  • むくみを解消したい
  • 筋肉や神経の機能を高めたい
  • 肌を若々しく維持したい
  • シミやソバカスを防止したい
  • 炎症を抑えたい
  • 目の健康を維持したい

手軽に摂取しよう♪おすすめマキベリー商品

マキベリーを食べてシェイプアップしたい!綺麗な肌になりたい!という時に手っ取り早く摂取できるオススメのサプリを3点お伝えします。アナタのライフスタイルに合わせて使いやすいものを選びましょうね♪

モデルの間で話題のマキベリーサプリ

IDEA レッドマキベリースムージー

置き換えダイエットとしても利用できる酵素たっぷりのスムージーは1食78kcalで、豊富なポリフェーノールをはじめ、ビタミンとミネラルをしっかり摂取でき満腹感を与えてくれます。美味しい5つのフレーバーがラインアップしており、毎日手軽にマキベリーを摂取することができるでしょう。

食べ過ぎも防いでくれる他、1食分198円のコスパの良さで、ダイエットに挫折してしまった方でも無理なく継続ができますよ♪計量スプーンと専用シェーカーが付いているので、すぐにどこでもマキベリーが用意できゴックリ飲めるのがメリット♪

内容量:300g 価格:2,700円

公式サイトはコチラ


万能!マキベリーパウダー

健康大陸 スーパーフード まるごとマキベリー

100%フリーズドライ法で加工したマキベリーパウダーは、様々なレシピや牛乳に混ぜたりして飲むのもオススメ。ポリフェノールが簡単に摂取でき、シャキッと体をみずみずしく維持することができますよ。有機JASに認定しているサプリなので長期間安心して飲むことができるでしょう!

内容量:72g 価格:2,700円

購入サイトはコチラ


手軽に摂取♪マキベリーサプリ

マキベリー×生酵素

230種類の生酵素とマキベリーが贅沢にドッキングした粒タイプのサプリは、ダイエットや不規則な食生活で栄養が不足している方をしっかりサポート。 カップもスプーンも必要のない、手軽な摂取で毎日の美容と健康を維持することができます。旅行にもオススメのサプリとしてオススメ!

内容量:60粒 価格:1,179円

購入サイトはコチラ


マキベリーで美肌も美ボディも手に入れちゃおう♪

マキベリーの持つ脂肪燃焼、中性脂肪を抑える効果などで、気になる贅肉もカットすることができますよ。目標のウエストサイズも少しずつ達成することができるでしょう。また抗酸化作用により内側から細胞を健やかにみずみずしくしてくれるので、ダイエットだけでなく美肌も健康もゲットできますよ♪ブルーベリーよりも何倍のポリフェノールを含んだマキベリーで快調な毎日を送ってくださいね♪

mobile footer