メリロートの6つのダイエット&健康効果とは?副作用もチェックしよう

メリロートの6つのダイエット&健康効果とは?副作用もチェックしよう

IMcyNiX6.jpg

メリロートにはどんな効果があるの?

メリロートがダイエットにオススメということを噂に聞いて、私ほそみんもその効果がどのくらいあるのか知りたいと思っているのよね。とりわけ血行が悪くむくみやすくなっている方にオススメのメリロートは血行促進をして老廃物を排出してくれる有効成分が含まれているというからすっきりと下半身がスリムになれるのです♪

ボコボコセルライトにも悩んでいる場合も、血液の流れを改善することで太ももなどの裏も滑らかな表面になるでしょう。メリロートなら健康的なダイエットができそう!早速メルロートの効果や副作用、効果的な飲み方、オススメのサプリなどたっぷり情報をお伝えします!


ほそみん
メリロートはダイエットや健康改善に良い成分を配合しているようだけど、その効果は一体どんなものがあるのか、ここでチェックしましょうね♪でも摂取のしすぎはやっぱり危険!副作用にも注意して体に負担のないダイエットをしましょう!


メリロートの3つのダイエット効果

薬用ハーブであるメリロートには主に3つのダイエット効果があります。主にむくみに作用するメリロートは腸内に老廃物が付着しない作用をしているため、水太りやセルライトなど下半身ダイエットに興味を持っている方にオススメ成分として人気なのです。長時間のデスクワークで足元がむくむ、タイトな衣類を綺麗に着こなせない、セルライトが目立つなどきつくなったなどの悩みを解消してくれるメリロートです♪

脚や顔などのむくみを解消

メリロートにはむくみの原因となる過多な水分を排出してくれるサポニンを含んでおり利尿作用をもたらしてくれます。また血行を促進してくれるクマリンが含まれているためリンパや血流の流れがよくなります。とりわけ心臓のポンプによってあまり血液を送るパワーが得られない静脈の血行を改善してくれるので効果的にむくみが解消できるのですね。

そのため血液の中に溜まった余分な水分はもちろん老廃物を排出でき、基礎代謝がアップするため痩せやすい体質になることも期待できます。そして何よりも下半身がいつもよりすっきりしている!と実感♪ジーンズや靴を一日中履いていてもきつくなかったり、起床して顔や目がむくんでしまうトラブルも解消できるでしょう。

冷え性を改善する

冷えを改善してくれるメリロートにはクマリンと呼ばれる血行促進成分が含まれています。この作用により末梢神経まで暖かくなるので、下半身のカチコチを改善しながらしもやけも軽減できるでしょう。もちろん普段の生活習慣においても毎日適度な運動をする、ファーストフードなどの脂肪分の多い食事は控えるなどの努力も血行促進には不可欠です。


セルライトの発生を予防する

メリロートに含まれるクマリンによって血行促進ができることで、脂肪燃焼が効率よくでき余分な脂肪も排出されます。そのためセルライトもなくなり、デコボコみかん肌を予防できるのですよ。セルライトは血行不良の他にも脂っこい食事に偏っていることでも起こります。普段の食生活にも気を使い、脂肪分の多い食品は控えて栄養バランスの良い食事をすることでメリロートの効果も高まるでしょう♪


さらに期待できる健康への効果

ダイエットだけでなく健康にも貢献してくれるメリロートはどのような作用をしてくれるのでしょうか。血行促進によってむくみ解消ができましたが、他にも様々な効果が得られるようです。ちょっとした不快症状でもメリロートで解消できればそれに越したことはありませんね。早速今からチェックして気になる自覚症状があればメリロートでしっかり改善しましょう♪

コレステロール値の改善

動脈硬化や高血圧などの生活習慣病などの原因となるコレステロール値を正常に整えてくれるメリロートには、悪玉コレステロールを少なくしてくれるサポニンが含まれています。またケルセチンと呼ばれる物質が、血中のコレステロール値のコントロールするため、血液をいつでもサラサラに整えてくれるのですね。血流が良くなると新陳代謝もアップし体の内側からすっきりが実感できますよ

肩こりの解消

メリロートには血行促進をするクマリンが体の隅々まで血液を行き渡らせることで肩こりを解消してくれます。 それは血行によって体が温まることで冷えが改善できることで肩がほぐれるのでしょうね。肩が凝るときは、むやみに鎮痛剤などを飲まずに、まずはメリロートで血行を良くするのもオススメです。

またクマリン以外にも、メリロートにはサポニンやケルセチンなどの成分が血行促進をしてくれるので、肩こりをすっきりと軽減してくれる効果が期待できますね♪

ガンの予防

肥満防止効果のあるメリロートに含まれるサポニンは、免疫力や新陳代謝をアップしてくれるので細胞をみずみずしく整えてくれます。そのためガン細胞を予防したり、すでにあるがん細胞でも増えるのを抑えてくれる役割をしてくれるのです。

またメリロートは肥満を防止する作用もすることから、肥満によって起こる腎臓がん、胆のうガン、子宮頚がん、甲状腺ガンなどのガン予防が期待できるようです。ガンを防止するには禁煙やアルコールを控える、栄養バランスの良い食事をするなど、普段の生活習慣病でも予防が簡単にできますので、メリロートに頼るだけでなく体に負担をかけない生活を送ることも大切なポイントですね。

メリロートを摂取するときに注意するポイント

メリロートは薬用ハーブですが、妊娠をしていたり、治療を受けて薬を服用している方は自己判断で摂取するのはやめましょう。サプリは手軽に手に入るので、急いで効果を得ようと摂取して副作用が起こらないように気をつけましょうね。

妊娠中の方

妊娠中はホルモンバランスが乱れ体調もデリケートになりやすいため、メリロートは摂取しないほうが無難です。メリロートはあくまでも通常の健康状態であるときに飲むのが基本で、決められた摂取量なら特に副作用を起こすことなく利尿作用をしたり血行促進ができるものです。妊娠中は運動不足になり血行も悪くなりやすいですが、医師に相談しながら食事で血行促進する栄養素を摂取するようにしましょうね。

メリロートを摂取する前に注意したい薬

メリロートは血流を良くしてくれるので、血液の凝固作用のある薬を服用している時はメリロートを摂取すると出血したときに血が止まらなくなることがあります。薬で血液の流れを止めて、メリロートで血流を促してしまっては効果が半々になってしまいますね。そのため、冷えやむくみが気になるからと自己判断でメリロートを飲まないようにしましょう。

もちろん凝固作用のある薬以外でも、何らかの薬を服用しているときにはメリロートを摂取する前に必ず医師に相談することをオススメします。


知っておくべき副作用

むくみを解消したり、コレステロール値を正常に維持したりしてくれるメリロートですが、正しい摂取量を守っていれば特に副作用が起こりません。メリロートの1日の摂取量は薬で300mg以下、そして血行促進成分であるクマリンは5mg以下(体重1kgにつき0.1mg)となっています。サプリの中にはこの摂取量を軽く超えてしまうものもあるので、たとえ推奨されていても一日の摂取量を守ることが大切ですね。

それにも関わらずメリロートを一度に過剰摂取してしまうと思わぬ不快症状が起こることがあるので注意しましょう。副作用が起こってしまったらすぐに使用を中止して体調を整えるか、医師に相談するようにするのをオススメします。副作用は一生続く後遺症になるほどではないようですが、痩せたい一心でむやみに大量に摂取するのは控えましょうね。

高い利尿作用がある

むくみを改善するメリロートを摂取すると利尿作用を促して下半身がすっきりするというダイエット効果が得られます。しかし実際には、この利尿作用が起こるのはメリロートの血行促進作用が働いているからであり、直接余分な水分を排出してむくみを改善するという作用ではないようです。

また利尿作用が起こっている時は血液中のナトリウムとカリウムのバランスが悪くなっていることもあり痺れや脱力感などの不快症状が出るようです。このような場合は尿意を感じるたびにデトックスが作用しているというよりも、徐々に体に負担がかかっているためすぐに摂取を中止したようが良いです。

肝臓機能への影響

メリロートは天然ハーブですのでつい副作用を気にせずにどんどん摂取してしまいたくなりますが、実際メリロートを摂取して黄疸が起こってしまった例が厚生労働省のサイトにも掲載されました。これはリロートに含まれている血行促進成分クマリンの過剰摂取が原因となっているものです。

メリロートを1ヶ月飲んで入院をして摂取を止めたらよくなったようですが、再び摂取をしたら黄疸が出てしまったことで、やはり肝臓への負担はかなりかかっているようですね。メリロートを摂取したら体調が思わしくないと思ったらすぐに摂取を中止して、医師に診てもらうようにすることをおすすめします。

倦怠感が出る

こちらもクマリンの過剰摂取によって肝臓障害が起こっていることが原因です。肝臓に負担がかかっていることで倦怠感や頭痛を引き起こすため、このような自覚症状を感じたらすぐにメリロートの摂取をすぐにやめましょう。メリロートでダイエットができる!と夢中になってしまうと、メリロートの副作用が出ていると見逃してしまうことがあるので、摂取の際は健康状態を第一に考えながら摂取量を守りましょうね。

メリロート配合の人気のサプリ

メリロートの効果や副作用を把握したところで、メリロートを配合している人気のサプリを2つピックアップしました。それぞれの特徴を詳しく表にしましたのでじっくりチェックしてみてください。またサプリメーカーが推奨している摂取量は別としてメリロートに含まれているクマリンの一日の摂取量をしっかり守って副作用が起こらない賢い飲み方をしましょうね♪

DHC メリロート 30日分

1日2粒にクマリン5%を含んでいるサプリは、余分な水分やセルライトなどをすっきりと排出しながら下半身のむくみを軽減してくれます。さらに足スリムをサポートするジャワティーエキスなどもたっぷりと配合されており、一日中むくみがなくパンツスタイルもすらっとキープできるでしょう♪手軽な値段ででき継続も負担がかからないのも人気の理由の一つ!

成分

メリロートエキス末
ジャワティーエキス末
イチョウ葉エキス末
トウガラシ抽出物

​メーカー​価格​内容量​メリロート含有量
​DHC​880円​30日分​200mg(2粒)

公式サイトはコチラ



ファンケル メリロート キュットレスト

メリロートに必須アミノ酸、そしてビタミンPを配合した人気のサプリは一日8粒の摂取でデトックスを促してくれます。血行不良を改善しながら冷えやむくみを解消して下半身をすっきりと維持できますよ。必須アミノ酸も無理なく摂取できるので、免疫を高めながら健やかな毎日をサポートしてくれます♪3袋まとめ買いをするとお得ですよ!

成分

メリロートエキス
バリン
イソロイシン
ロイシン
ビタミンP(ヘスペリジン)
ビタミンB6

メーカー​​価格​内容量​メリロート含有量
​ファンケル​2,052円​240粒​130mg(8粒)

公式サイトはコチラ


メリロートの効果的な飲み方

メリロートは正しい摂取量を守ればむくみとかセルライト、そして生活習慣病なども予防してくれるから体調もバッチリ維持できそうですね。そこでどうせ摂取するならさらに効果を高めた飲み方をしたいものです。単に飲むよりもメリロートをどんなタイミングで飲むと良い?早速ここでチェックしてスリムな足を実感しましょうね♪

昼食後または夕食後がベストタイミング

メリロートはむくみが起こる時間の前の食事をした後に摂取しましょうね。夕方になると足がパンパンに膨らんでしまうときには、ランチの後に摂取するのがオススメです。足がむくんでハイヒールから足が盛り上がってしまうとせっかくのシューズも台無し!メリロートを摂取しておけば腫れて痛くなることもなく蒸れも抑えることができますよ。また夕食後に摂取すると水分を夜間に溜めることがなくすっきりサポートをしてくれます♪

朝に浮腫む人は就寝前がおすすめ

朝起きて顔がいつもむくむなら就寝前に飲むと良いでしょう。メリロートの利尿作用によって朝起きるときに余分な水分を排出してくれますよ。寝る前に飲むのを忘れてしまう場合は夕食後でも良いでしょう。目がボコッと腫れてしまうとアイメイクのノリも悪くなりますよね。就寝前にしっかりメリロートを摂取しておけば、翌朝時間のかかる腫れをケアする必要もなくすぐに身支度ができるのが嬉しいです♪

長期間の服用は避ける

メリロートを長期間大量摂取をすると肝機能障害などの副作用が起こることがあるので注意が必要です。すらっとした足になるのは嬉しいですが、そのまま維持したいと長期間飲み続けるのはちょっと健康面で心配ですね。また3ヶ月以上飲んでも効果が実感できないと量を増やして飲み続けるのも良くありません。もちろん3ヶ月以内でも倦怠感や黄疸などの症状が起こったら継続を直ちに中断しましょうね。

1日の摂取量は300㎎が目安

メリロートの一日の摂取量は300mgなら安全範囲とされています。デトックス効果を促すメリロートでダイエットをしようと思って大量に摂取すると肝臓に負担をかけるのでしっかり摂取量を守りましょう。一度にたくさん摂取するよりも、サプリは少なくとも3ヶ月続けることをオススメします!


効果もあるけど副作用もある。飲み方に注意しよう

メリロートはダイエットや健康など様々な効果をもたらしますが、良い成分でもたくさん摂取してしまうと逆効果になります。副作用が起こってしまってはダイエットどころではなくなってしまうので、一日の摂取量に注意しながら健康的に摂取するようにしましょうね。

またむくみは主に血行不良から起こるので、普段の生活習慣を見直して適度な運動をしたり食生活を規則正しく行えばメリロートの効果もアップします!

mobile footer