妊娠中ダイエットサプリおすすめ商品は?安全に飲んで健康維持する!

妊娠中ダイエットサプリおすすめ商品は?安全に飲んで健康維持する!

TV5aTrCm.jpg

​妊娠中にダイエットサプリを飲んでも大丈夫?

お腹の赤ちゃんのためにも、たくさん食べて栄養補給しなきゃね( ´ ▽ ` )ノ

親や友人からそう言われても、太ることへの抵抗が大きいのは妊娠中であっても変わりませんよね。体重計に乗って今まで見たことがない数値に、赤ちゃんのためとは思いつつもガッカリしちゃう気持ちわかります。

でも、出産後に今までと変わらない体型でテレビに登場している女優さんがいるのも事実。後藤真希さんは12kg太った体重を5ヶ月で10kgも痩せたことで有名。妊娠中から体調管理をしっかり行っていたからこそ、スムーズに体型を戻せたようです。そこで、どのように管理をしていたか調べたところ、なんとダイエットサプリを愛用していたとのこと(°_°)

妊娠中ダイエットサプリを飲んでも危険はないの?成分が母体や胎児に与える影響は?

undefined
ほそみん
サプリマニアとしては調べずにはいられなくなり、徹底的に妊娠とサプリの安全性などについて調べました。
  • ​購入したダイエットサプリ⇒102種類
  • 費やした金額⇒35万円ほど
  • 調べたサイト⇒45サイト

調べた中でわかったことは、サプリに含まれている3つの栄養素の存在。妊娠中に積極的に摂取することにより、母体や胎児に好影響を与えることがわかったんです。そこで今回は、3つの栄養素の効果やサプリの選び方、注意点について紹介します。おすすめサプリ情報あるのでお見逃しなく♪

妊娠中太ると良くないワケ

​妊娠中太るのは当たり前の体の変化だけど、実は増えても良い目安はある程度決まっているんです。痩せ型の人なら9~12kg普通の体型なら7~12kgぽっちゃり型の人は5kg。この範囲を大幅に超えちゃうと、体に様々な悪影響を与えてしまいます。

難産のリスクが高まる

​増えた体重は、全てが胎児や胎盤によるものとは限りません。妊娠10ヶ月の人を例に、理想的な増える体重の内訳を調べてみました。

  • ​赤ちゃんの体重⇒約3kg
  • 胎盤と羊水⇒約1kg
  • 母体必須体重増加分⇒3~4kg

合計8kg前後が理想的な増加と言えます(元の体型により多少の誤差あり)。しかし、多くの人は数値をオーバー。オーバーした分は、腰回りや下半身に脂肪として蓄えられたぜい肉となっているんです。

そして、そのぜい肉が産道や骨盤周辺に溜まってしまうと、赤ちゃんが子宮から降りて来るのに時間がかかったり、赤ちゃんを押し出す収縮運動が弱くなって難産になるリスクが高まってしまいます。

【与える影響】

  • ​胎児の酸素不足による脳への影響
  • 帝王切開へ変更
  • 出血が増えて母体が危険

妊娠糖尿病になる恐れ

8人に1人の割合でかかってしまう症状のひとつが妊娠糖尿病。通常、食事によって血糖値は上がり、その後膵臓からインスリンが分泌されて血糖値が上がらないようにコントロールします。でも、妊娠中はインスリンが正常に働きにくい上に、インスリンの作用を消してしまう胎盤性ホルモンが分泌されます。血糖値が上手くコントロールできず、発症する人が多いんです。

さらに、太ることにより増える脂肪細胞もインスリンの働きを阻害。血糖値が下がりにくくなるため、妊娠糖尿病になりやすい環境を作ってしまいます。

【与える影響】

  • ​流産、早産
  • 赤ちゃんが太り難産へ
  • 赤ちゃんに黄疸がでる

妊娠高血圧症候群になる恐れ

​妊娠高血圧症候群は別名「妊娠中毒症」。

20人に1人の割合で発症する、妊婦さんが気をつけなければならない症状のひとつです。妊娠20週以降に高血圧になり、出産後12週くらいで血圧が正常に戻るのが特徴。

具体的な原因は未だ明確に発表されていませんが、肥満も大きな要因として挙げられています。体重が増えて脂肪が増えることにより血圧のコントロールができなくなるためです。胎児や母体に大きな影響を与え、最悪の場合は死産になる場合もあるほど怖い症状。高齢出産の人に多く見られるとのこと。

【与える影響】

  • ​肝機能の低下にる流産
  • 胎児発育不全
  • 低出生体重児
  • 上位胎盤早期剥離
  • 子宮内胎児死亡

妊娠に効果的な成分「葉酸」の役割

ここからは、ダイエットサプリに含まれる、母体や胎児にとって好影響を与える成分について紹介していきます。まずは、厚生労働省も摂取を推奨している「葉酸」。葉酸はビタミンB群の一種で、ほうれん草から発見されました。水に溶ける水溶性ビタミンだから、体内で貯蓄できないため、毎日摂取することが望ましい成分です。

ダイエットにおいては、冷え改善や代謝アップ、血行促進に効果があるのが特徴。妊娠には一体どんな効果を与えてくれるんでしょうか?

undefined
ほそみん
1日に推奨されている摂取量は、妊婦さんで400μg(マイクログラム)よ。

 子供の発育をサポート力

葉酸には、たんぱく質や細胞を作る際に必要な核酸(DNAやRNA)を合成させる役割があります。人間の体はたんぱく質でできているため、もちろん赤ちゃんの発育にも欠かせない成分。また、核酸は遺伝情報を保存してその情報通りに胎児の体を作るように指令を出す役割があるため、合成をサポートする葉酸は必須成分。

さらに、血球の細胞形成を促し血液を作る働きも成すので、母子ともに欠かせません。

先天性病気を予防

​先天性病気の中でも、ダウン症や口蓋裂などが有名ですね。多くのケースでは、加齢に伴い核酸や遺伝子の劣化が主な原因と言われています。その他にも、遺伝子異常によっても引き起こるようです。

しかし、推奨量の葉酸をしっかり摂取することで防げると言うデーターが発表されました。イギリスでは、葉酸を摂取した妊婦さんとしていない妊婦さんでは、神経障害の胎児が生まれる確率が72%差があると報告されたほど!

葉酸には、弱くなった細胞を元気にする働きや、細胞の生まれ変わりをサポートする働きがあるからなんですよ。母子手帳にも葉酸を摂取するように記載があるのは、先天性による病気を未然に防ぐ素晴らしい効果があるから、なんですね。

​細胞分裂の働くを促進

​妊娠4~12週目の頃には、脳や神経や心臓などが急速につくられる時期にあたるため、細胞分裂が盛んにおこります。葉酸には細胞分裂や増殖をサポートする働きがあるため、急速に分裂を進める胎児のスピードに追いつくための推奨量を摂取する必要があるんです。

この時期に葉酸が不足してしまうと、低体重児や未熟児での出産になるリスクが高まるため、妊娠初期からしっかりと葉酸を取ることが薦められています。

undefined
ほそみん
葉酸400μgを食べ物から摂取するには、茹でたほうれん草ごはん茶碗2杯分。サプリなら2粒程度!悪阻中でもダイエットサプリなら負担なく飲めるわね。

ほか妊娠中に効果的な成分

葉酸パワー、すごいですね♪( ´θ`)ノ

ダイエットサプリに含まれている成分が、実は妊婦さんに欠かせない成分だったとは驚きです。他にもある重要成分。早速どんな効果があるか見ていきましょう。

酵素

代謝アップや血行促進、整腸作用などが得られる成分。ダイエットサプリでも、酵素が配合されている種類がたくさん発売されています。その酵素もまた、妊娠中に摂取すべき成分なんですよ。

酵素には消化・代謝・食物酵素の3種類があり、それぞれが別の働きをしてくれる成分です。消化酵素は食べ物を消化しやすい状態へ変化させる働き、代謝酵素は消化された食べ物からつくられた栄養素を体内で働かせる働き、食物酵素は代謝酵素をサポートする役割を持っています。

妊娠中は、悪阻によって栄養が不足したり偏ったりする時期。酵素は栄養をスムーズに体内で活躍させるために効果を発揮してくれるんです。他にも妊婦さんに与える効果はいっぱい。後ほど詳しく紹介しますね。

undefined
ほそみん
摂取量に決まりはないとのこと。ダイエットサプリに記載のある正しい量を摂取すれば問題ないわ。もちろん、母体や胎児への影響もないから安心してね。

酵母

発酵食品を作る時に使われる微生物の一種。酵素を作り出すことができる母親的存在でもあります。その効果と言えば、糖質をアルコールと二酸化炭素に分解して、腸で吸収されにくいように働きかけてくれます。また、脂肪燃焼やデトックス効果も高く、規定量を摂取すれば1日約200kcalも抑えられるとまで言われているんですよ。

それらの効果は、妊娠中の体重増加で悩む妊婦さんの体重管理の強い味方となってくれます。さらに善玉菌を増やしてく腸内環境を整えてくれるから、辛い便秘で悩んでいる妊婦さんの排便サポートにも一役かってくれます。

特に、ビール酵母には子供の育成に欠かせない核酸やたんぱく質が豊富なので、悪阻で食欲がない時の栄養補給としても薦められている成分なんですよ。

undefined
ほそみん
天然発酵させた酵母を使っているから、サプリに記載のある規定量を守れば、母体に与える影響はないから安心して飲用できるわよ。

ダイエットサプリの効果

ダイエットサプリを使ったことがない人にとっては、未知の世界。どんな効果があるか考えるだけで不安ですね。実はこんなにたくさん効果があるんですよ。しかも、妊婦さんにとって欠かせないサポートばかりです( ´ ▽ ` )ノ

ダイエット効果

ダイエットサプリと言うだけあって、ダイエット効果は抜群。酵素などの成分によって、食べ物から摂取したカロリーをコントロールしたり、糖質の吸収を抑えたり、代謝をアップさせて基礎代謝を上げたりする効果が期待できます。食事制限もないため、健康的に無理なくダイエットができるから、妊婦さんの体重管理にもピッタリです。

また、デトックス作用があるのも特徴なので、老廃物が溜まりにくいように体内環境を整えて、要らないものを排除するメカニズムによってもダイエット効果は得られます。

さらに妊娠中は、無理なダイエットはできないけど体型が気になる、悪阻が苦しい、やりたいことが思うようにできない、などのストレスが付き物。ストレスは過食や消化不良を起こしてダイエットにも大きな影響を与えます。そこで活躍するのが葉酸。葉酸には脳神経に反応して精神を安定させる働きがあるから、ストレス緩和にも有効となります。

​便秘改善

​妊娠中は女性ホルモンの中でも「黄体ホルモン」が活発に分泌されるようになります。黄体ホルモンには、筋肉の動きを鈍らせて腸の働きを阻害する作用や、食べ物の水分を大腸から吸収されやすくする作用があります。

結果、蠕動運動が鈍ったり便が硬くなって便秘になりやすくなります。また、悪阻により栄養が偏ることでも便秘気味に……。

ダイエットサプリには、酵素酵母乳酸菌など、整腸作用のある成分が多く含まれている他に、食物繊維も豊富。満遍なくいろんな栄養も摂取できるから、便秘解消に効果があります。

 むくみ解消

妊娠中の体は、胎児の分まで血液を保持するため、水分量が増えてむくみがちです。また、体が大きくなるにつれて運動量が低下したり、胎児の重さで足の付け根にある血管を圧迫することでもむくみが発生します。

そんなむくみにも、ダイエットサプリは効果的。代謝を上げて血行を促進する酵素が、体内の水分調節をコントロール。また、酵母乳酸菌などの成分が腸内環境を整えてくれるから、老廃物が溜まり辛くなるためむくみの解消に効果的なんです。

​栄養補給

​辛い悪阻の時って、食べなきゃいけないとわかっていても、食べられないですよね。匂いにも敏感になるから、今まで食べれた物でも食べれない……。

そんな時こそ、ダイエットサプリが活躍するんです。理由は豊富な栄養素。含まれている酵素には、多種にわたる植物由来の成分が豊富な上に、妊娠中に必要な鉄分やカルシウムも含まれています。もちろん、野菜が豊富だから、ビタミンやミネラルもたっぷり。匂いが……味が……と気にすることなく、たくさんの栄養が摂取できます。

また、炊いたご飯の匂いが鼻につくため、白米が食べられない人も多くなるのが悪阻中。酵母にはエネルギーとなるたんぱく質も含まれているから、体力維持としてもおすすめです。

肌荒れ予防

​ホルモンのバランスが崩れやすい妊娠中は、肌がカサついたりニキビができたりしやすい時期。赤ちゃんを育てるための黄体ホルモンが増えるため仕方がないと諦めているママに、綺麗でい続ける成分を与えてくれるのも、ダイエットサプリの魅力です。

必須要素と言われている葉酸は、ビタミンと一緒に摂取することにより、ビタミンが体内に吸収しやすくなる働きがあります。ビタミン類は美肌に欠かせない要素。実際に、葉酸を摂取して肌荒れが改善した人34%、血液を作り出す効果もあるため血色が良くなった人5%と言うアンケート結果も出されているほど。

さらに、ダイエットサプリには、デトックス効果のある酵母や、化粧水に含まれている有名な成分プラセンタなどが配合されているものもあります。妊娠中も綺麗でい続けたい、そんなアナタにこそ、使って欲しいサプリなんですよ。

冷え性改善

​お腹が張りやすくなったり、腰痛や便秘、むくみにも影響する冷えは妊婦さんの大敵。冷えによって筋肉が硬直して血管を圧迫、血行不良によりお産に時間がかかって難産になってしまう場合も……。

そこで、活躍するのがダイエットサプリ。全身にくまなく行き渡るように血液を作る葉酸、血管やリンパ管などが集まる腸の動きを活発化させる酵母乳酸菌によって血行が良くなって体が温まるから、冷え性になりにくい体内環境を整えることができるんです。

妊娠中ダイエットサプリの選び方 

妊娠中は、体や気持ちの負担にならない安心サプリを選ぶべき。理由は、ダイエットサプリは飲み続けることが効果を発揮するために必要だから。それじゃあ今回のメインテーマに入る前に、選び方をしっかり学んでいきましょう。

天然素材で作られている

​妊娠中は、母体や胎児に影響がでない天然素材で作られているサプリを選ぶのが原則です。表示ラベルに書かれている原材料名はしっかりチェックしましょう。化学式のような名前が書いてある場合は要注意!また、ビタミンなどの成分の名称そのものを使用しているときは合成原料となります。

できるだけ体に負担のかからぬよう、野菜や果物、酵母など食品や植物などの名称が書かれているタイプを選びましょう。妊娠中に必要なビタミンなどは、植物からでもしっかり摂取できます。

・妊娠中に必要な栄養素

  • ​葉酸
  • 酵素
  • 酵母
  • カルシウム
  • ビタミンB群
  • 乳酸菌

安全性が高いもの

​ダイエットサプリは健康食品の部類に属します。医薬品ではないから、製造工程がしっかり検査されていないサプリも多いのが日本の現状。医薬品のようにGMP(適正製造規範)に則った製造が義務付けられていないんです。

GMPとは?

原材料の受け入れから出荷するまで、サプリが安全に作られるようにするための製造工程管理基準のこと。

でも、中にはGMPを取得しているメーカーもあります。妊娠中はできるだけGMPマークのあるダイエットサプリを選びましょう。また、メーカーによっては独自に品質試験を受けている場合も。製造場所や原料の産地がしっかり記載されているサプリも安全性が高いのでおすすめです。

飲み続けられる飲みやすさ

​繰り返しになっちゃうけれど、サプリから効果を得るには飲み続けることが重要。だから、飲みにくいサプリはNG。特に、悪阻がある妊婦さんは粒の大きさや匂いで苦痛を感じやすいので要注意です。そこで、飲みやすいと感じるサプリの大きさを調べたところ、8~9mmタブレットよりはカプセルの方が匂いや味がないからおすすめとのこと。

口に入れた途端戻してしまわぬよう、自分に合ったサプリを選びましょうね。

​妊娠中おすすめダイエットサプリ

​お待たせしました♪(´ε` )

今回のメインテーマ、サプリマニアである編集長が102種類調べ上げた中から、自信を持っておすすめするダイエットサプリの発表です。自分で選ぶのは不安な人は、まずはこちらのサプリを試してみてはいかがでしょうか♪

​スルスル酵素

​\管理栄養士監修の天然素材酵素サプリ/

Source: amazon

スルスル酵素

  • 編集部評価:★★★★☆総合87点​
  • ​初回価格:3,300円(税別)送料無料
  • 1回あたりの値段:106円/31日分/62粒
  • 保証・特典:オリジナルピルケース付、送料無料
  • メーカー:株式会社ジョイフルライフ​

食物繊維や妊娠中に摂るべき鉄分やカルシウムが豊富に含まれている小麦ふすまをベースに開発された酵素サプリ。さらに、厳選された80種類の素材から抽出した野草発酵エキスと、500億個乳酸菌ビール酵も凝縮。全て天然素材だから、妊娠中でも安心して飲めるのが特徴です。

血流促進や代謝アップ、便秘解消の効果が期待できるから、むくみや便秘が解消されてすっきりボディーが保てます。国内生産・GMP基準認定で安心。無味なカプセルタイプで飲みやすく、1日2粒飲めばいいから、悪阻中の負担にならないサプリですよ。

※必修栄養成分となる葉酸が入っていないので、葉酸サプリとの併用がおすすめです。

公式サイトを見てみる

​BABY 葉酸

\妊娠中に必要な葉酸を含む7種の成分配合/

Source: amazon

BABY 葉酸

  • 編集部評価:​★★★★★総合95点
  • 初回価格:4,980円(税込)送料別
  • ​1回あたりの値段:166円/1ヶ月分/350mg
  • 保証・特典:15日間全額返金保証、オリジナルマタニティキーホルダー付、送料無料
  • メーカー:株式会社美彩​

妊婦さんのために開発された究極のサプリ!妊娠中に必要な葉酸400μgをはじめ、推奨量20mg鉄分やカルシウム2種類乳酸菌や酵母112種類発酵食物酵素がたっぷり配合されています。

さらに、栄養をバランス良く摂取できるように、27種類ビタミン・ミネラルが栄養をサポート。高級馬プラセンタや桜の花エキスが美容までしっかりケアしてくれるから、綺麗なママでいたいアナタの味方となってくれるサプリですよ。全ての成分が品質試験を合格してるから安心。小粒タブレットタイプを1日4粒飲むだけで必修栄養素全てが賄えるサプリです。

公式サイトを見てみる

丸ごと熟成生酵素

​\120種類もの生の酵素で健康管理バッチリ/

Source: amazon

丸ごと熟成生酵素

  • 編集部評価:★★★★★総合92点​
  • ​初回価格:500円(税込)送料無料
  • 1回あたりの値段:16円/1ヶ月分/60粒
  • 保証・特典:送料無料、13%OFFで継続購入可​
  • メーカー:うるおいの里

鉄分やカルシウムを多く含む美容効果の高いスーパーフルーツを16種類含む120種類の天然植物が配合された生酵素サプリ。低温処理により実現した高純度の生の酵素が摂取できるから、生きたまましっかり腸まで届いて効果を発揮。消化酵素はもちろん、不足しがちな代謝酵素が妊娠中の体重増加を抑えてくれますよ。また120種類の植物が1日で摂取できるから、栄養補給の補助としてもぴったりです。

酵素を発酵・熟成するのは180年前から続いている由緒ある酒造。3年以上もの月日をかけてゆっくり熟成させた酵素の品質は他のサプリにない一番の魅力です。ソフトカプセルで喉越しも良く、1日2粒だから無理なく続けられますね。

※丸ごと熟成生酵素には葉酸が含まれていないため、葉酸サプリと併用するのがおすすめです。

公式サイトを見てみる

いかがでしたか?最後に、わかりやすくおすすめなタイプをまとめたので参考にしてください( ´ ▽ ` )ノ

  • スルスル酵素⇒葉酸サプリと併用できるアイテムを探している人
  • BABY葉酸⇒1つのサプリで全ての成分をまかないたい人
  • 丸ごと熟成生酵素⇒美容にもこだわりたい人

飲む前に気を付けることをチェック!

赤ちゃんや母体に影響がない安全なダイエットサプリを選んで欲しいから、最後は気をつけることへの最終チェック項目を紹介します。

化学物質などが入っていないか

​サプリは、「化学合成サプリ」「天然サプリ」の2種類があります。厳密に言うと「天然素材を使って化学合成したサプリ」もありますが、今回注目すべきは化学合成サプリ。化学物質や石油が原料として使われている可能性が高いサプリです。胃腸に負担をかけたり、吸収を妨げたり、最悪の場合母体や胎児に悪影響を与えることもあるため避けなければなりません。

見分け方は原材料名をしっかりチェックすること。聞いたことがないような化学式的名称が並んでいるサプリは、化学物質の可能性が高いため、妊娠中の使用は控えるべきと言えます。

赤ちゃんに良くない成分が入っていないか

​これまでは必要な成分を紹介してきました。実は、通常なら取るべき栄養素が赤ちゃんにとって悪影響を与えてしまう成分があるんです。

・ビタミンA

視覚や聴覚などの機能維持や皮膚を保護する成分。病原菌の侵入を防ぐ効果もあるため積極的に取るべき成分だけど、妊娠中は要注意。ビタミンAには、植物性食品に含まれるβカロチンと動物性食品に含まれるレチノールがあります。βカロチンは妊娠中も気にせず摂取できますが、レチノール胎児の奇形を発症するリスクが高まると言われているため摂取は禁物。

上限として2,700μgRE(うなぎの蒲焼約50g、レバー4.6~6g)とされています。上限を超える量が配合されていないかしっかりチェックしましょう。できることなら、配合されてないサプリを選ぶようにしてくださいね。

・ハーブ

リラックス効果を与えるハーブも、妊娠中は控えるべき成分のひとつ。子宮の収縮作用促し早産のリスクを高めてしまうハーブがあるためです。妊娠中の危険が報告されているハーブはアロエ・サラシア・ダミアナ・モリンガ・フィーバーフューなど。他にもあるので、できれば使用は避けましょう。

大豆イソフラボン

妊娠中はホルモンのバランスを保ちながら、胎児を育てていく環境を作っていきます。そんな時に、ホルモンの中でも卵胞ホルモンを多く含む大豆イソフラボンを多量に摂取してしまうと、ホルモンバランスは一気に乱れてしまいます。胎児の発育に大きな悪影響を与えかねないため、摂取は控えるべきです。

また、日頃健康のために飲んでる人が多い豆乳も控えるべき。上限として70mg前後(豆乳コップ2杯分400g)とされています。できれば1日に飲む量はコップ1杯までと決めて、胎児に優しい体内環境を作るようにしてください。

医師に事前に飲んでも大丈夫か相談

​妊婦さんの体調は、人によって様々です。あの人は大丈夫でも、アナタも大丈夫とは限りません。また、摂取できる量も変わってきます。体に良い成分だから飲んでも平気だと自己判断するのは危険。天然素材のサプリであったとしても、事前にかかりつけの医師にチェックしてもらってから飲むようにしましょう。原材料名がわかるように、パッケージごと持参してくださいね。

 医師に確認の上飲むことが大切

​妊娠中でも、ダイエットサプリに含まれる葉酸・酵素・酵母などの成分によって、健康的に体重管理ができることがわかりましたね。胎児の成長にも欠かせない成分が凝縮されているから、積極的に摂取していきましょう。

でも、医師に必ず相談することは忘れないで。いくら良い成分だとしても、その時のアナタにとって、良いか非かを判断するのは医師。妊娠中のデリケートな時期を、赤ちゃんの成長と共に喜びに溢れた日々が送れることを願っています。

mobile footer