酵素サプリは飲み合わせを間違えると危険?絶対避けたい薬との相性とは

酵素サプリは飲み合わせを間違えると危険?絶対避けたい薬との相性とは

酵素サプリと他サプリメント・常備薬と一緒に飲んで大丈夫?

こんにちは!スラリ編集長のほそみんです。

サプリメントを飲む時に、「薬も飲んでるけど大丈夫かな?」「他のサプリメントも飲んでるけど平気?」なんて気になったことはありませんか?

undefined
ほそみん
サプリメントは薬ではないので別に影響はないような気もするけれど、気になるところですよね。
  • 購入した酵素サプリ⇒18種類
  • 酵素サプリの購入金額⇒62,450円
  • リサーチした時間⇒11時間

この記事では、酵素サプリと相性の良くない薬や成分について調べた内容を大公開!もしかしたら、酵素ドリンクがあまり効かないと思っていた人は、服用している薬や元々の生活習慣に相性の良くないものがあったのかもしれませんよ。

知らないとちょっと怖い、リスクのある薬との飲み合わせも!?心配な方はぜひ、ご覧ください。

酵素サプリは飲み合わせを知っておかないと危険!

ここでは、ちょっと注意したい薬と酵素サプリの相性についてご紹介します。

薬の服用時に最も注意が必要

サプリメントは薬ではないけれど、栄養素がたくさん詰まっているので飲み合わせというものがあります。

薬にも飲み合わせがありますよね?例えば、血圧の薬を飲んでいる人はグレープフルーツを一緒に食べたり、グレープフルーツジュースを飲んだりしてはいけないと注意されます。これは、グレープフルーツの成分に肝臓の代謝酵素を阻害する働きがあるため、なかなか代謝できず必要以上に効果が出てしまうことがあるからです。

グレープフルーツの他にも、薬との相互作用があると確認されているものもあります。

そういった飲み合わせに注意が必要な場合、たいていはお医者さんや薬剤師さんが注意してくれるのですが、サプリメントは薬ではないので把握されていません。

酵素サプリで薬の効果が薄くなるような相性の良くない飲み合わせもあるので、薬を飲んでいる人は一度お医者さんに確認してもらった方が良いでしょう。

逆に、何か酵素サプリメントを飲んでいて、「体調悪いし風邪薬か胃腸薬買おうかな・・・」なんて時は、薬剤師さんに確認しましょう!

別サプリとの併用時は成分の重複をチェック

サプリではよく、そのサプリのみで栄養素を効率よく補給できるように、1日分の摂取量に近いほどたくさんの量が配合されていることがあります。

食事をするだけでは補えないものを補ってくれているのですが、そこに薬や他のサプリなどが加わると、簡単に1日分の摂取量を超えてしまい、過剰摂取になるリスクが生まれます。

とくに酵素サプリは何十種類もの野菜や果物を発酵させて濃縮しているので、含まれている栄養素も多くなっています。栄養の過剰摂取になっていないかどうか、飲んでいるサプリに含まれている成分を調べてみましょう。

【薬・サプリ編】酵素サプリと飲み合わせNGなもの

それでは実際に、酵素サプリとの飲み合わせが良くないとされている薬やサプリの紹介です。あてはまるものがありますか?

ピル(ビタミンCを多量に含む場合)

生理周期のためや生理痛緩和のために、ピルを飲んでいる女性は少なくないです。

ピルを飲んでいると太りやすくなると言われているため、ダイエットしたいと酵素サプリを飲みたい人もいるでしょう。でも、ちょっと注意!

酵素サプリに含まれている可能性のある「セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)」は、避妊効果を落とす可能性があるとされており、ピルの効果を下げてしまいます。

もう1つ、酵素サプリに「ビタミンC」が多量に含まれているものは、逆にピルの効果を強めてしまう可能性があるとされています。

ピルを服用している人は、「セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)」が配合されている酵素サプリと、「ビタミンC」を大量に配合と書かれている酵素サプリについては、飲む前にお医者さんに確認してもらいましょう!

インスリン

酵素サプリは血糖値の上昇をゆるやかにしてくれ、そのためにダイエットをサポートしてくれる働きが期待されています。でも、糖尿病治療でよく使われる「インスリン」との相性は良くありません。

食事をすると血糖値が上がらないように体内で「インスリン」が分泌されるんですが、糖尿病の人はこの分泌がされにくくなっています。

そのため「インスリン」で治療を行うのですが、血糖値を下げる効果のある酵素サプリを飲んでいると低血糖になるリスクがあると言われています。

undefined
ほそみん
「インスリン」のコントロールはなかなか難しいものなので、「インスリン」を服用している人は血糖値に影響を及ぼす可能性のある酵素サプリは摂らない方が良いです。

糖質や脂質の吸収を抑えるダイエットサプリ

ダイエットのためにお馴染みの、糖質や脂質の吸収を抑えてくれるダイエットサポートサプリですが、こちらも酵素サプリとの相性は良くありません。

糖質や脂質の吸収を抑えてくれるというのは、それらの成分の吸収を阻害するということなので、酵素サプリで摂ろうとしている栄養素の吸収をも阻害してしまう可能性があります。

酵素サプリの効果を弱めてしまう可能性があるので、糖質や脂質の吸収を抑えるタイプのダイエットサプリは、酵素サプリとは併用しないようにしましょう。

マルチビタミンなどビタミンを補うサプリ

酵素サプリにはビタミンが含まれているものも多いのですが、マルチビタミンなどのビタミンを補う目的のサプリと併用をするとビタミンの過剰摂取になってしまう可能性があります。

ビタミンAを過剰に摂取すると頭痛や吐き気・めまいなどの副作用が、ビタミンCを過剰に摂取することで下痢になることがあります。とくにマルチビタミンなどはそれだけでほぼ1日分のビタミンの摂取量となっているものもあるので、注意が必要です。

では次は、酵素サプリを飲む時に必要な「水分」についてです!

【飲み物編】酵素サプリと飲み合わせNGなもの

酵素サプリと相性の良くない、飲み合わせNGな飲み物の紹介です。結構身近な飲み物も多いので、注意です!

お茶

食事の時に用意する熱いお茶でそのまま酵素サプリを飲んでしまうと、基本的に熱に弱い酵素はダメになってしまいます。100℃以上でも耐える酵素もありますが、多くの酵素は48℃以上の温度で死活してしまいます。

酵素が死活してしまってもとくに体に悪影響があるという訳ではありませんが、酵素サプリとしての効果にはほとんど期待できなくなってしまうので気をつけましょう。

undefined
ほそみん
さらに、お茶の中でも玉露や抹茶・煎茶やウーロン茶はカフェインを多く含有しているので、酵素サプリと一緒に飲まないようにしましょう。

牛乳

意外なところかもしれませんが、牛乳と酵素サプリとの飲み合わせの相性も良くありません。

牛乳は割りとカロリーが高いものなので、酵素サプリでダイエットを目指しているのにカロリーの高いものを飲んでしまうことになるので、ダイエットの目的に合わないところがあります。

さらに、牛乳を飲むと体温が下がってしまいます。体を温めて、代謝パワーをアップさせていこうとしているのに、体温を下げる飲み物はNGですよね。

牛乳にはカルシウムなど体に良い栄養素もたくさん含まれているんですけど、酵素サプリを飲んでいる間は控えましょう。

 コーヒー

コーヒーが酵素サプリと相性が悪く飲み合わせが良くないのは、「カフェイン」の含有量が多いからです。先ほどお伝えしたように、カフェインと酵素サプリは一緒に飲まない方が良いんです。

カフェインには脂肪を燃やす働きをサポートしてくれたりするダイエット効果もあるんですが、カフェインを摂ることで肝臓で分泌される代謝酵素の消費量が増えます。

せっかく足りない酵素を補おうとして酵素サプリを飲んでいるのに、カフェインで大量に代謝酵素を消費しては意味がないんです。さらに、毎日カフェインを飲んでいる人は肝臓で分泌される酵素の働きが弱まっていることも!?

カフェインはダイエットには良い効果があるんですけど、残念ながら酵素サプリとの相性は良くないので、酵素サプリを飲んでいる間には、カフェインを含む飲料はなるべく減らしましょう。

紅茶

紅茶もまた、コーヒーほどではありませんが「カフェイン」の含有量が多いです。

とくにペットボトルで販売されているものが人気ですが、全部飲み切ってしまうとコーヒー1杯分以上のカフェインになってしまうこともあるので、注意が必要です。

undefined
ほそみん
ノンカフェインのたんぽぽコーヒーやルイボスティー、またハーブティーの種類によっては飲めるものもあるのでそちらで代用しましょう♪

アルコール

アルコールを飲む前や飲んだ後に酵素サプリを摂ることで、アルコールの分解を促進してくれて二日酔いを軽減してくれる効果がありますが、酵素サプリの効果を引き出すという面ではまったくオススメできません。

アルコールもカフェインと同じく、肝臓で分解・代謝される時には代謝酵素を大量に消費してしまいます。

酵素の消費量を増やしてしまわないように、酵素サプリを飲んでいる間は、アルコールもまた控えめにしておくことを心掛けた方が良いでしょう。

栄養ドリンク

仕事や勉強を頑張るために栄養ドリンクを飲むことって、よくありますよね。でも実は、栄養ドリンクにはカフェインが多く含まれています。

だいたい栄養ドリンク1本につきコーヒー1杯か2杯程度のカフェインが含まれているので、酵素サプリとの併用はちょっと考えた方が良いようです。ノンカフェインの栄養ドリンクもあるので、できればそちらを選びましょう♪

持病のある方・病気の疑いがある方は医師に相談しよう

酵素サプリを飲みたいと考えている持病のある方や、病気かな?と少しでも疑う症状のある方はチェックしてくださいね。

自己判断はしないで

酵素サプリはサプリメントで、薬ではありません。だから、飲むタイミングの指示もなければ、購入の際に飲み合わせを判断してもらうようなこともありません。

サプリの中でも酵素サプリは、たくさんの野菜や野草、海藻などを発酵させて体に良い成分を抽出して凝縮されているので、思ったよりも栄養素はがたくさん含まれていたりします。

健康な人にとっては、より健康にしてくれる酵素サプリでも、持病のある人にとってはそうではないことも。

酵素サプリを飲んでも思ったように効果が出ない場合や、糖尿病の人のように思わぬ危険な症状の出る可能性もあります。医薬品ではないけれど、薬と組み合わせる場合には注意が必要です。

undefined
ほそみん
医師から処方されている薬などを服用している人は、自分の判断で酵素サプリを飲むのはやめて、飲む前に病院で相談してみましょう。

お医者さんに相談する時には、配合されている原材料や配合量がすべて分かるようにしておくとスムーズです。パッケージなどを持参することをおすすめします。

それでも分からない場合は、販売元の会社に問い合わせてみてくださいね。それでもはっきり分からない場合は、薬の服用期間中はサプリの摂取を控えることをおすすめします。

これって飲み合わせのせい?それとも副作用?

既に酵素サプリを使用している人の中には、「あれ・・・むしろ体の調子、悪くなってない?」という人もいるかもしれませんね。

飲み合わせのせいなのか、それとも副作用なのか・・・いろいろと悩んだかもしれませんが、それはむしろ好転反応の可能性があります!

酵素サプリによる好転反応について

まず気を付けておかないといけないのは、酵素サプリは薬ではないので副作用というものは存在しません。

ではその体調不良がなんなのかというと、好転反応である可能性がありますね。酵素サプリによる好転反応というのは、酵素により体内から毒素を排出する力が高まり、その過程で体調が悪くなってしまうことを言います。

症例としては、下痢や微熱、肌荒れなどが挙げられます。体内に溜まっていた悪いものが外へ出ていくことに、体が慣れていないというのも理由の一つであるとされています。

一定期間ある程度毒素を排出し終われば、この好転反応は落ち着き、体調不良も改善されます。ただし、長く続く体調不良は好転反応ではない可能性があります。

酵素を飲み始めてから始まった体調不良がいつまでたっても治らない・・・という場合は、お医者さんに相談しましょう。

酵素サプリと飲み合わせ相性がいいもの

酵素サプリと飲み合わせの悪い薬や飲み物について紹介してきました。ここでは、逆に酵素サプリと飲み合わせ相性の良いものについて紹介します♪

乳酸菌

乳酸菌と酵素サプリの飲み合わせ相性が良いというのは、同じような効果があるからというのと、お互いを邪魔しないという部分が大きいです。

どちらも共通している効果として、腸内環境を整え便秘解消美肌効果免疫力を高めてくれる働きなどがあります。

乳酸菌は腸内環境に生息している腸内細菌のうちの善玉菌の一種なので、酵素サプリの働きを阻害することなく、酵素サプリも乳酸菌の働きを阻害しません。

どちらも摂ることで相乗効果が見込まれ、よりよい腸内環境に整える効果があり、ダイエット効果も上がると期待できます♪

ただ、気をつけたいのは過剰摂取です。乳酸菌サプリの中にはオリゴ糖など、過剰に摂取してしまうとお腹がゆるくなってしまうような成分も配合されています。酵素サプリに含まれている成分と合わせて過剰摂取にならないよう、気を付ける必要があるようですね。

乳酸菌を効率的に摂取するサプリも存在するので、乳酸菌サプリについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてくださいね♪

乳酸菌サプリにダイエット効果はある?おすすめ商品&痩せる飲み方を紹介

葉酸サプリや鉄分サプリ

酵素サプリとの飲み合わせで、特に問題が無く、お互いに阻害しないと考えられるのが葉酸サプリ鉄分サプリです。葉酸を補いたい人、貧血が気になっている人はそれぞれのサプリと酵素サプリの併用はとくに問題ないでしょう。

ただ、すでに酵素サプリの中に充分な葉酸や鉄分が配合されていることもあります。

葉酸も鉄分も摂りすぎると副作用がでる可能性のあるものなので、栄養素の過剰摂取にならないように、それぞれのサプリに含まれている成分を確認してみましょう。

酵素サプリの効果的な飲み方

酵素サプリを飲んでいるけれど、イマイチ効果が薄いように感じている人や、せっかくならもっと効果的に飲みたい!と思っている人に是非チェックしてほしいのが、「飲み方」です!

目的に合わせたタイミングで

酵素サプリは、目的に合わせて飲むタイミングを変えるとより効果的です♪

ちょっと面倒だなぁ・・・と思わずに、しっかりと自分がなりたいスタイルを目指して飲むタイミングを調整しましょう!

  • ダイエット目的・・・ジョギングやランニングなどの運動前に飲み、代謝をあげて運動効果アップ!
  • 便秘解消目的・・・寝る前に飲むことで、寝ている間に酵素が新陳代謝を改善し、朝起きたときのお通じを促してくれる
  • 健康目的・・・健康になりたい!という場合は基本的にいつでもOKです。食中や食後に飲むと食欲を抑えてくれます。

飲み物では水が1番

酵素サプリの働きを邪魔しないのは、お水が1番です。

でも冷たい水は体にあんまり良くないらしいから、白湯で飲みたいんだけど……

白湯で飲んでも大丈夫です。ただ、先ほどお伝えしたように、ほとんどの酵素は熱に弱いのです。白湯として飲む場合にも、温めすぎには要注意です!

電子レンジのワット数にもよりますが、だいたいコップ1杯の水を60秒温めると40度くらいまで温度が上がります。そのため、1000ワットくらいの電子レンジなら30秒くらい、500ワットの電子レンジなら60秒くらい温めると酵素を死活させない温度の白湯ができますよ♪

炭酸水

カロリーのない炭酸水も酵素サプリとの飲み合わせ相性は悪くないです。酵素サプリを炭酸水で飲んでも問題は無く、むしろ炭酸でお腹が膨れるのでダイエットを目指す時には強い味方になってくれるでしょう。

しかし、気を付けたいのは、炭酸水を中途半端に飲んでしまうこと。炭酸水を飲んでも量が少ないと、胃を活発にして余計にお腹が空く、ということがあります。炭酸水を飲む時は500mlくらい飲むのがベストです。

また炭酸を多く飲みすぎると、血中に炭酸が入り込むことで酔っぱらってしまうという「炭酸酩酊」になる可能性があるので、多く飲み過ぎないように注意してくださいね。

できれば冷蔵庫に入れた炭酸水ではなく、常温の炭酸水で飲むと体を冷やすこともないのでオススメです♪

酵素サプリの飲み合わせに不安な場合は要相談!

酵素サプリと相性の良くない飲み合わせの悪い薬や、飲み物が意外とたくさんあることに驚きましたね。

毎日コーヒーやお茶、紅茶でカフェインを摂取している人には残念なお知らせですが、酵素サプリとは飲み合わせが良くないです。

ノンカフェインのコーヒーやお茶(麦茶など)もあるので、酵素サプリを摂っている間はそちらを飲んで頑張りましょう♪

薬との相性では、ちょっと注意が必要な飲み合わせもありましたね。持病のある人は、お医者さんで相談してから酵素サプリを飲むようにしてくださいね!

では最後に、スラリ編集部オススメの酵素サプリ商品が見たい方はこちらをぜひご覧ください♪

【酵素】で生涯キレイ!人気のおすすめ生酵素サプリランキング

mobile footer