ワインやチョコレートで痩せられる!?ポリフェノールのダイエット効果【8選】

ワインやチョコレートで痩せられる!?ポリフェノールのダイエット効果【8選】

KJ2IpxS8.jpg

目次
  • ポリフェノールがダイエットに効果的!?
  • ポリフェノールとは?ポリフェノールの基本情報
  • 実は5,000種類以上もある!主なポリフェノールの種類
  • 知らなきゃ損!ポリフェノールの8つの効果
  • ポリフェノールをダイエットに活用!効果的な摂取方法
  • 編集部イチ推し!ポリフェノールスムージー
  • お手軽!ポリフェノールサプリ
  • ポリフェノールで体の内側からキレイになろう!

ポリフェノールがダイエットに効果的!?

「うーん、ポリフェノールってワインとかチョコレートに含まれていて、抗酸化力があるっていう物質よね?おいしいものを食べながらダイエットなんて夢みたいだけど、本当にそんなに簡単にできちゃうのかなぁ?」なーんて疑心暗鬼のアナタ!本当に効くんです!!ダイエットに関しては誰よりも詳しいほそみんが、ポリフェノールと効果的な取り入れ方などをわかりやすく説明しちゃいます!ポリフェノールで苦労知らずのダイエットしましょ♪

ポリフェノールはどうしてダイエットに効くの?

ポリフェノールには体内に入った脂肪の吸収を抑制する働きがあります!

<しくみ>
1. 体内に入った脂肪は腸管で胆汁酸などとミセル形成
2. リパーゼという脂肪分解に作用する酵素によって分解される
3. 体内に脂質が吸収される

リパーゼは、水に溶けにくい疎水部分を脂質に向けて取り囲み、水に溶けやすい親水部分を表面=体液側に向け、体液に溶けやすくします。中に脂質がある球体が体液に浮いている感じをイメージするとわかりやすいですね。これがミセル形成と呼ばれるもの。 そのままだと脂質同士はくっついてしまい、体液には溶けません。だけど、ミセル形成によりくっつかなくなり、より多くの脂質がリパーゼによって分解・体液に溶け、体に吸収されやすくなります。ポリフェノールはこのリパーゼの活性化を抑える働きがあるため、摂取することで結果的に脂肪が体内に吸収されにくくなる=ダイエットに繋がるんです♪

ポリフェノールとは?ポリフェノールの基本情報

 ポリフェノールは光合成によって作られる植物に含まれる有機物で、植物には絶対必要なもの。植物は紫外線に当たると人間同様に活性酸素を体の中に作ります。この活性酵素を除去するのがポリフェノール。生命維持に欠かせない有機物です。……と仕組みは簡単に言うとこうなりますが、なんだかよくわかったようなわからないような感じでは?みなさんもアンチエンジングや健康・ダイエットに関わる話に必ずといっていいほどこの「活性酸素」という言葉を聞いたことがあると思います。

でも一体この活性酸素とはどんなものなのでしょうか?活性酵素は悪いところが大々的にフォーカスされていますが、人間に必要な物質です。ポリフェノールがどうこれに関わるのかを説明する前に、まずはこの活性酸素についてしっかり理解しましょう♪

ポリフェノールが除去する活性酸素とは

私たちは呼吸することで体に酸素を取り入れると同時に、摂取した食べ物をこの酸素で燃やすことで水とエネルギーを作り、生命維持活動を行っています。この時、実は全ての酸素が燃やされずに、約2%ほどが燃え残っているんです!これが活性酸素になります。また、活性酸素は紫外線や放射線に当たるとエネルギー生成の際に作られた体内の水が変化することでも生まれます。   一般的に悪いイメージの活性酸素ですが、実は体にはなくてはならないものでもあるんですよ☆ただそれは適量じゃないとダメ。なんでも多すぎたり少なすぎたりはよくありませんよね。活性酸素も同じ!体内では活性酸素と余剰分の酸化を抑える抗酸化システムがバランスよく共存しています。活性酸素はバランスがいい状態の時は体内に入っていくる様々な細菌や有害物質から体を守る働きをしています。つまり、体を健康な状態に保ってくれるという大切な役目を果たしています。でも、バランスが崩れてしまうと、栄養素を必要以上に酸化させてしまい、様々な体の不調の原因となってしまいます(>_<)

活性酸素が増えすぎて栄養素が酸化・損傷してしまうとどうなるの?

活性酸素による過剰な酸化で悪い影響とは次のようなものがあります。
・脂質→過酸化
・たんぱく質→性質の変化
・酵素→活動停止
・DNA→損傷・誤複製

これにより細胞が損傷し、心筋梗塞・脳卒中・動脈硬化・ガン・白血病などにかかったり、老化が進んでしまいます。その他にも白内障・糖尿病・肝炎・腎炎など、なんと病気の85%に活性酸素が関係していると言われているんです!特に肥満の人は痩せている人よりも体積が大きいため、血管も多く、活性酸素が過剰発生がしやすくなっているので注意が必要です!

 活性酸素のバランスを保ち健康でいるためには、スーパー・オキサイド・ディスムスターゼ(SOD)という抗酸化酵素が必要です。 体内ではこのSODが作られ、活性酸素の過剰発生を抑えています。でも現代では環境汚染による排気ガスなど様々な公害物質、強い紫外線、日常生活でストレスに体がさらされている上、食生活でも添加物や農薬などの摂取など体に悪いものが多く体内に取り込まれてしまっています。そういった外部からの悪影響に活性酸素が反応するため、体内で作られるSODだけでは十分に活性酸素の過剰化に対応しきれなくなっていて、ビタミン・ポリフェノールなどの抗酸化物質を取り入れることが重要!

植物は人間にとってSODに当たるポリフェノールを持っています。特にリパーゼ抑制に効果的なポリフェノールを豊富に持っている植物をサプリや食生活で摂り入れることで、ダイエットに加えて、活性酵素を抑えて生活習慣病や老化も予防できるというダブルで嬉しい効果があると言われてます☆
ほそみん
活性酸素とSODの世界的権威である丹羽靱負(たんばゆきえ)博士によると、SOD生成能力は25歳から下降し、40歳以降では急激に低下するそう!老化防止にも絶大な効果を発揮するポリフェノールを積極的に取り入れて、ダイエットしながらキレイになりましょ(^ ^)

ポリフェノールの基本情報と働き

植物の味や色素成分

ポリフェノールは植物の光合成によって作られ、味や色素成分となる化合物の総称で、フラボノイドやカテキンなど5,000種類以上!植物が成長段階において特に未熟である時は、渋みや苦みを出して動物や虫に食べられる危険を防ぎ、植物の色も濃いことが多いんですよ。この渋みや苦み、色がポリフェノールです。つまり、ポリフェノールは色が濃く、渋みや苦みが強い植物に多く含まれています

活性酸素を無毒化する

ポリフェノールとはつまり、ベンゼン環に水酸基(OH)が結合した化合物=フェノールが多く集まったものを指します(「ポリ」は「複数の」という意味)。複数の水酸基(OH)=ポリフェノールは酸化しやすい銅や鉄などの金属を捕まえ、酸化を抑制する力があるそうです。

生体防御物質としても働く

ポリフェノールは抗酸化作用が強いため、紫外線や公害、ストレス、有害物質など身を取り巻く悪いものから体を守ってくれ、風邪をひきにくくなったり生活習慣病やアレルギーなどの改善など病気に対する抵抗力やアンチエイジング効果があると言われます。植物の寿命の方が人間より長いことが多いのは、植物が持っているポリフェノールの影響が強いからなんですって☆

食品から摂取することが可能

ポリフェノールは植物そのままの状態から取り入れられないものもあるため、すべての種類を食べ物から摂取することは難しいですが、代表的なものはそれを多く含む食品を日常の食生活に取り入れたり、サプリメントやお茶として摂取することが可能だと言われています♪
ほそみん
ポリフェノールってダイエットだけじゃなく、本当にいろいろな面で体に取り入れた方がいいことがわかってくれかな!?体型と健康維持に積極的に摂取してみて!

実は5,000種類以上もある!主なポリフェノールの種類

 ポリフェノールの効果に注目が集まったのは1992年にフランスのセルジュ・ルノー博士が発表した論文 『Wine, alcohol,platelets, and the French paradox for coronary heart disease(ワイン、アルコール、血小板及び冠状動脈性心臓病に関するフレンチ・パラドックス)』でタイトルの一部にもなった「フレンチ・パラドックス」以来と認識されています。動物性脂肪を多く摂取している国は、摂取量に正比例して心疾患による死亡率が高い傾向が見られました。でもフランスは脂肪を多く摂取しているにも関わらず心疾患による死亡率が低く、その理由としてフランスでの高いワインの摂取量によることが指摘されています。

ほそみん
最近では、調査対象となったフランスの地域が豆や穀物・魚介類を多く消費することからフレンチ・パラドックスに異論を唱える論文も多く出てきているの。でもワインにポリフェノールが多く含まれていることは周知の事実だから、適量を守って飲めば効果的だと思うわ♪

ワインの原料となるブドウには多くのポリフェノールが含まれていることが知られていますが、ポリフェノールはすべての植物に含まれており、食品として日々の食生活に取り入れられるのものが注目されています。ポリフェノールには5,000種類以上ありますが、その中でも代表的なものとそれを多く含む食品をご紹介します。どの成分も高い抗酸化作用がありますが、成分によって効果も違うので、食生活に取り入れる際の参考にしてくださいね!

ポリフェノールの成分 含まれる主な食品 効果
アントシアニン
  • ビルベリー
  • ブルーベリー
  • アセロラ
  • カシス
  • いちご
  • ブドウ
  • 黒ごま
  • ナス
  • 紫イモ
  • 眼精疲労改善
  • 肝機能障害軽減
  • 脂質改善
  • 糖尿病予防
  • ダイオキシン毒性軽減
  • 高血圧抑制
  • アルツハイマー予防
  • 月経困難症改善
  • 花粉症予防
  • メタボリックシンドローム予防
カテキン 緑茶
  • 発がん抑制
  • 血中脂質の上昇抑制
  • 虫歯・口臭・歯周病予防
  • 食中毒・ウイルス感染予防
  • ピロリ菌除去
  • 血糖値上昇抑制
  • コレステロール上昇抑制
  • 抗肥満
  • 抗アレルギー
レスベラトロール
  • ブドウ
  • 赤ワイン(特にピノ・ノワール、メルロー、ネオビロ)
  • サンタベリー
  • アーモンド
  • ココア
  • 美白
  • シワ・たるみ予防(肌の弾力性保持)
  • 美肌(細胞の老化防止)
  • メタボリックシンドローム予防
  • 肌荒れ予防
  • 血流改善
カカオマス
  • チョコレート
  • ココア
  • ガン予防(細胞DNA突然変異抑制)
  • ストレスへの抵抗力増強
  • 疲労回復
  • ピロリ菌除去
  • 抗アレルギー
  • コレステロール低下
インフラボン 大豆
  • 美白
  • 美肌
  • シワ予防
  • 更年期障害緩和
  • メタボリックシンドローム予防
  • 骨粗しょう症予防
  • コレストロール低下
  • ウイルス感染予防
ケルセチン
  • 玉ねぎ
  • レタス
  • ブロッコリー
  • モロヘイヤ
  • りんご
  • いちご
  • 緑茶
  • 血圧低下
  • 動脈硬化予防
  • ガン予防
  • 骨粗しょう症予防
  • 脂肪吸収抑制(ポリフェノールの中でも強力)
  • 抗アレルギー
プロシアニジン
  • りんご
  • びわ
  • ブドウ
  • 緑茶
  • ココア
  • 抗アレルギー
  • ガン予防
  • コレストロール低下
  • 虫歯・口臭予防
  • 育毛
  • 白内障予防
  • 美白
クルクミン
  • ウコン
  • 生姜
  • 肝機能改善(二日酔い防止)
  • ウイルス感染予防
  • 炎症予防
  • アルツハイマー予防
  • 動脈硬化予防
ルチン
  • そば
  • アスパラガス
  • りんごの皮
  • トマト
  • パセリ
  • セロリ
  • 血管強化(脳出血予防、あざの予防)
  • 動脈硬化予防
  • 血圧低下
  • 糖尿病予防
  • 便秘防止
クロロゲン酸
  • コーヒー
  • ごぼう
  • ナス
  • みかん
  • メタボリックシンドローム予防
  • 糖尿病予防
  • コレステロール抑制
  • 老化防止

知らなきゃ損!ポリフェノールの8つの効果

1. 脂肪の吸収を抑制

ポリフェノールはミセル形成された脂肪を分解・体内に吸収しやすくする働きのあるリパーゼを抑制することによって、脂肪が吸収されにくくなるようです。よって、脂肪を多く含む食品を食べた時に一緒に摂取することで脂肪が体内に留まりにくくなり、ダイエットにつながると考えられます。 ダイエットに有効なのが、コレステロールの蓄積に効果のあるケルセチン。玉ねぎ、レタス、ブロッコリーなど緑黄色野菜に多く含まれているので、普段の食事に積極的に取り入れましょう。注意しなきゃいけないのは、必ず油で炒めること!そうしないと吸収力が悪くなってしまいます。油といっても、特に効果があるのがごま油やオリーブオイル。オリーブやゴマもポリフェノールがたくさん含まれているからダブルで効果あり♪   ダイエット中はどうしても食べる量が減って便秘になりがち。便秘を防ぎ脂肪を排出しやすくしてくれるルチンはビタミンCと一緒に摂ると、ビタミンCを吸収しやすくしてくれ、体内のコラーゲン合成で美肌効果も期待できるわ!フルーツはルチンを含む食べ物と一緒に食べるのがオススメ♪  
ほそみん
詳しくは冒頭のQ&A「ポリフェノールはどうしてダイエットに効くの?」を見てね!

2. 脂肪燃焼を促進

ポリフェノールの成分の一つであるレスベラトールの代謝物質(代謝の過程の中間・最終生成物)、ピセアタノールは脂肪細胞の生成や成長を抑制する働きがあるそうです。特にレスベラトールの含有量はサンタベリーが突出していますが、ブドウや赤ワインにも豊富に含まれているので、日頃からブドウジュースや赤ワインを1杯飲む習慣をつけましょう♪   また、コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸は脂肪を肝臓内の燃焼器官へ取り込む働きをするため、脂肪が燃焼され、体脂肪が減少するそう!コーヒーにはカフェインが入っており、頭痛や不眠などの副作用もあります。カフェインに耐性のない人はデカフェを。飲み過ぎるとカフェイン過多による不眠や不安感、イライラ、心拍数の上昇などの症状が出るので適量を☆ 東京薬科大学名誉教授の岡博士によると、最適なのは一日3〜4杯のコーヒーだそう。焙煎が深くなるとクロロゲン酸の量も減り、カフェイン多くなるので、焙煎の浅いものとのブレンドが良いようです。適度のカフェインはリラックス効果やうつ防止にもなるので、毎日食事の前後や間食と飲むとちょうどいいのでは!?特に朝一番は体が成分を吸収しやすく、効果的なようですよ☆

3. 代謝アップ

悪玉コレステロールと善玉コレステロール

みなさんは悪玉コレステロールって聞いたことがありますか?肝臓で生成された脂質の一種であるコレステロールはLDLと呼ばれるリポタンパク質によって、血液を通じて体のあちこちに運ばれます。このLDLとコレステロールの複合体が多過ぎると、当然必要以上のコレステロールが肝臓から全身に運ばれます。そうなると酸化・血管の内部に付着して動脈硬化を引き起こし、さらに心筋梗塞などの心疾患になる危険があります。そういった理由からこのLDLとコレステロールの複合体は「悪玉コレステロール」と呼ばれています。   ポリフェノールには抗酸化作用があり、血中の悪玉コレステロールを抑制する効果があるとか。コレステロールは悪いだけではなく、HDLと呼ばれる血液中から蓄積されたコレステロールを除去し、肝臓へ戻す働きをしてくれるリポタンパク質、俗に言う「善玉コレステロール」もあります。善玉コレステロールが高いほどいいのではないか、というとそうではなく、数値が高い場合、遺伝性疾患によって善玉コレステロールがきちんとその役目を果たせていない可能性も疑われます。血液中のコレステロールが低くなり過ぎても、血管がもろくなり免疫力も下がるので、両方のバランスが大切です。

ポリフェノールは悪玉コレステロールを抑制し代謝アップ

悪玉コレステロールが抑制され、善玉コレステロールがきちんと血中コレステロールを肝臓に戻してくれると、血液がサラサラの状態、つまり血流がよくなります。血流がよくなることで、冷え性なども改善し、結果的に代謝アップに繋がります。男性は30歳から、女性は40歳から更年期にかけてコレステロール値が高くなる傾向が強いそうなので、特にこの年代の人は意識してポリフェノールを取り入れたいですね☆   代謝アップに特に効果がある食べ物がカシスとチョコレートです。なおカシスのポリフェノールにはブルーベリーより血流を上昇させる効果が高いことが、明治製菓株式会社食料健康総合研究所による近年の研究その他で実証されています。特に顔の血流が上昇し、全身だけでなく目の下のクマに効果的なのだとか。ダイエットをしつつ血色も良くなり、目の下のクマも改善して中身も外見も健康的なんて理想的ですね!

4. 生活習慣病の予防

人間は加齢とともに悪玉コレステロールが増加し、代謝が悪くなります。そうなると内臓肥満であるメタボリックシンドロームや、高血圧・糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなります。これらが進行すると、全身のあちこちに壊滅的なダメージを与えてしまい、心筋梗塞や脳卒中など命を脅かす病気にかかってしまうことに(汗) ポリフェノールは前述のように代謝をアップする効果があるので、メタボリックシンドロームや生活習慣病の予防効果があると言われています。京都大学の河田教授によると特に緑茶などの茶類、みかんに効があるそうです♪

5. 疲労回復

活性酸素が過多になり、抗酸化システムがうまく作用しなくなると、大事な栄養素の酸化が進み、疲れやすくなります。また悪玉コレステロールの増加による代謝ダウンも疲労の元になります。これを改善してくれるのが抗酸化作用のあるポリフェノールだそうです。「チョコレートが疲労回復に効く」と昔から言われているけど、ちゃんと根拠があったんです!ただしポリフェノールの効果を上げるにはチョコレートはカカオ70%以上含有のものがオススメ。

6. ストレス緩和

ストレスを感じるとホルモンが分泌され、それが分解されるときに活性酸素が生成されます。ポリフェノールは活性酸素の増えすぎを抑え、ホルモンの分泌を抑制する効果があるんだとか。また、ストレスを感じると筋肉が緊張し、血管が縮まり、血流が悪くなります。ポリフェノールのホルモン分泌過多の抑制効果と、血流改善によりストレスが緩和されるんだって。 チョコレートにはストレスを回復し気分を高揚させる脳内神経伝達物質であるエンドルフィンを放出させる効果もあり、リラックス効果ややる気アップが期待できます。仕事中にストレスを感じる人は合間に少しチョコレートをかじると効果的☆ でも一日の終わりにストレスで眠れないからといって、寝る前に食べ過ぎは禁物。興奮して逆に眠れなくなっちゃいますよ!

7. 美肌効果

ポリフェノールには次のような美肌効果があると言われます。女性には嬉しい効果ですね(^ ^)
  • ポリフェノールの抗酸化作用により細胞の老化を抑制。それによってシワやたるみの改善が期待できます。
  • 活性酸素のバランスを整えてくれるので、体のバリア機能が働き、雑菌やウィルスの侵入を予防。皮膚の雑菌の繁殖が抑えられるためニキビ予防が期待できます。
  • 紫外線に当たると活性酸素が多く作られますが、ポリフェノールはこれを抑える働きがあるため、シミやソバカスの予防・改善や、美白効果があると言われます。
  • 代謝もアップしてくれるので、肌のターンオーバーを促進してくれるでしょう。

8. ホルモンバランスを調整

ポリフェノールの中でも、特に大豆に多く含まれるインフラボンは卵巣で作られる女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあります。閉経が近づくと卵巣の働きが低下するため、エストロゲンの分泌が激減し、更年期障害が引き起こされます。擬似エストロゲンとも言えるインフラボンはエストロゲンの代わりの役目を果たしてくれることでホルモンバランスの調整につながります。   このようにポリフェノールは体のいろいろな機能の回復や改善に役立つと考えられています!どの植物もポリフェノールを含んでいますが、持っている成分によって効果が少しずつ異なります。特定の体の不調を改善したい場合、それに一番効果的なポリフェノールが多く含まれている食べ物を摂取するといいですよ♪
ほそみん
赤ワイン1杯が1時間のエクササイズと同じ効果っていうけど、「ポリフェノール摂ってるから大丈夫!」じゃなくてやっぱり適度な運動はダイエットに必要!でも忙し過ぎてジムに通う時間がない人や怪我や事情があって運動は無理!という人は赤ワインを飲むと、飲まないよりは効果があるみたい。お酒が苦手な人は効果はちょっと薄れるけどブドウジュースを飲んでね(^_−)−☆

ポリフェノールをダイエットに活用!効果的な摂取方法

一日の目標摂取目安量は1,500mg

ポリフェノールは体にたまりにくいので、2〜3時間ごとにこまめに摂取するといいとされています。チョコレートや赤ワインなどカロリーが高いものもあるので、サプリメントを合わせて摂るのもオススメ!一日に合計1,500mgの摂取が理想とされているので、次の表を参考に組み合わせて取り入れてみてくださいね。
食品(量) ポリフェノール含有量
コーヒー(100ml) 200mg
緑茶(100ml) 115mg
赤ワイン(100ml) 230mg
りんご(100g) 55mg
カカオ72%チョコレート(5g) 127mg
ピュアココア(4g) 62mg
ブドウ(100g) 160mg
ブルーベリー(100g) 250mg
みかん(100g) 105mg

日々の食事から摂取

例えば一日の摂取量の目安である1,500mgをチョコレートだけで取ろうとすると、脂質過多になりかねません(^_^;)特にカカオ含有量が高いものほどポリフェノールも多いですが、脂質も増えます。野菜中心の食生活にすると通常の食事からも多くのポリフェノールの摂取ができるので、チョコレートは間食や朝食前の時間に数時間おきに1粒ずつ数回摂り、食事と一緒に緑茶やワインを飲んだりする、といった方法が効果的!意識をしなくても一日1,000mg前後のポリフェノールが食事から摂取できているんだって。不足の分をチョコレート数粒や飲み物で補足するのがオススメ♪   みんな大好きなチョコレートでポリフェノールが摂れちゃうなんて、「ダイエット中だから甘いもの禁止!」なんていうストレス感じなくて最高ですね。ダイエットに大敵の便秘も、チョコレートを1回1粒、数時間おきに5回ぐらいに分けて毎日食べると解消するらしので試してみてくださいね♪

スムージーで摂取

ポリフェノールは皮や種に多く含まれていることが多いので、きれいに洗って皮ごとミキサーにかけましょう。おいしくて超簡単なスムージーの作り方を紹介しちゃいます☆忙しい朝の朝食替わりにも!朝起きて空腹時に摂るとポリフェノールも体に吸収されやすいので、朝食前の1杯、あるいは間食代りにぜひ!

ミックスベリースムージー

以下の材料を全て一緒にミキサーにかけて、出来上がり!冷水を牛乳に変えてもおいしくできます☆ 【材料】
  • フローズンミックスベリーあるいはブルーベリー・カシスなどお好きなベリー類 200g
  • りんご 1個
  • バナナ 1本
  • みかんあるいはオレンジ 1個
  • メープルシロップ 大さじ1 (ハチミツでも!)
  • 冷水 600ml

ココアスムージー

同じく次の材料を一緒にミキサーにかけるだけ!美肌・ホルモンバランス改善のインフラボン豊富で特に女性にオススメ♪ 【材料】
  • 豆腐 1丁
  • バナナ 1本
  • ココア 大さじ1
  • ハチミツ 大さじ1
  • 牛乳 1/2カップ
  • 氷 数個

サプリメントを活用

忙しくてきちんと食事が取れない時や野菜が不足するときもありますよね。そんな時はサプリメントでポリフェノールを手軽に摂取しましょう。また、外食が多くてカロリーや脂肪を摂り過ぎの場合もサプリならカロリーも格段に低いので、余計なカロリーオーバーの心配もありません。
ほそみん
スムージーは好みの組み合わせで時間がない時も簡単に作れるから、色々作ってみて!風邪で体調悪い時は食事する気力もなかったり、喉が腫れて固形物が食べれないときもあるわよね。そういうときにスムージーは材料をミキサーに入る大きさに切って混ぜるだけだから手軽で、野菜も入れれば食事代りにもなるし、とっても便利♪

編集部イチ推し!ポリフェノールスムージー

黒のチカラ「ブラックチェリースムージーダイエット」

おすすめポイント

  • 黒ショウガ・黒コショウ・黒たまねぎ・黒米・黒豆の5つの黒い食材が脂肪をしっかり燃焼
  • ポリフェノール、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなど体にいい成分がたっぷり
  • ポリフェノールの抗酸化作用、コレステロール抑制作用、アンチエイジング効果
  • 146種類の野菜エキス、プルーン・チェリー・アサイーなど24種類の果物エキス、11種類のビタミン、9種類のミネラルに加え、女性には嬉しいプラセンタとコラーゲン配合
  • 味はダークチェリー味でおいしく続けられる
  • 水や牛乳に溶かすだけなので、超簡単!材料を揃えたり、ミキサーのお手入れなどの手間なし
  • 水分を吸収することで最大30倍まで体積が膨張するサイリウム・グルコマンナンの2種類の食物繊維配合で満腹感あり
  • 1食分が76キロカロリーと低カロリー

内容量・価格

・通常販売:1袋300g(約15食分)2,700円(税抜)2,916円(税込)送料600円(2袋以上注文で送料無料) (シェイカー付属) ・定期コース:1袋300gx2(約30食分)4,800円(税抜)5,184(税込)送料無料 (初回のみシェイカー、2,800円相当の赤い美容パウダー『BIKATU』付属)一回から解約可能

飲み方

大さじ山盛り一杯をシェイカーあるいはグラスに入れて水や牛乳200ccを入れてパウダーが溶けるまで混ぜるだけ!朝食か夕食の1食をブラックチェリースムージーダイエットに置き換えて飲みましょう。慣れてきたら2食を置き換え♪
  • 色々なスムージーを試しましたが
    5/5
    色々なスムージーを試しましたが、こちらのスムージーが一番好きです。 果実感もあって、濃厚で美味しいです。 チアシードをいれて毎朝、朝食にしてます。

    楽天市場

  • ダイエットのサポーターに!
    5/5
    このスムージーを朝食に置き換えてから体重がスルスル落ち始めました! 数字にすると一ヶ月で約3キロです! 自分は1ヶ月分飲み終えてからレビューを書いてますが、2週間くらいで効果を感じることができるのでは?と思います! デメリットとしては便の色が黒くなることでしょうか…赤ワインを飲酒した翌日の便もポリフェノールの影響で黒くなるのでそれだけこのスムージーに効能があるのかな♪と私はポジティブに受け取っていますが…気になる人は気になると思います… 中略 ダイエットはしているけれど中々体重の変化がない… そんな現在お悩み中のダイエッターの方に是非おすすめしたい品です♪ すぐに効果はなくてもサポーターとしてきっと役立ってくれると思います!

    アマゾン

女優の矢田亜希子さんやタレントの藤本美貴さん他数々の芸能人愛用なことから人気のブラックチェリースムージーダイエット。ポリフェノールがふんだんに入っているから、ダイエットだけじゃなくて、美肌・アンチエイジングの効果も期待できるし、栄養バランスなども気になる人にピッタリ!吸収率のいい朝食に置き換えが効果的みたいですね。チアシード入れるのも栄養価がさらに上がって効果的☆ その他かなり甘いという口コミがあったので、少し置いて固まってきたところでブルーベリー入れて食べるのも甘さが少し和らいで良さそう。

こんな人におすすめ

  • 思うように体重が落ちない
  • ダイエットと一緒に美肌効果も期待したい
  • まずいダイエット食は嫌!美味しく痩せたい
  • 高いダイエット食を試すのが不安。まずはお手頃価格のものを試したい
  • 忙しくて食事を抜きがち。体に良く時短なものでカバーしたい
  • ドリンクで置き換えは空腹が耐えられない。満腹感が欲しい
  • 時間がなくて栄養バランスのいいダイエット食を作るのが無理
ほそみん
魔法のドリンクじゃないから、もちろんこれだけ飲んで暴飲暴食していてもダイエットの効果は出ないことを頭に置いて飲んでね。
          ブラックチェリースムージーダイエット購入はこちら

お手軽!ポリフェノールサプリ

話題の生酵素サプリ「生酵素OM-X」

おすすめポイント

  • 7種類のポリフェノールを始め、ビタミン、ミネラル、アミノ酸配合
  • 米国ヘルスマガジン『Better Nutrition』誌にて2008年から5年連続で「米国ベストサプリメント賞」受賞
  • 65種類の植物を12種類の乳酸菌で最大5年間発酵熟成
  • 発酵から熟成まで一切加熱をしない自然発酵方式を採用しているため、代謝・消化酵素の材料となる栄養成分の破壊がない
  • 腸内細菌を活発にし、微生物酵素を多く作らせるためのオリゴ糖や食物繊維が豊富
  • 原料は国産100%で安心(岡山県と西日本の周辺県)
  • 第三者機関による残留農薬・ヒ素重金属残留検査など徹底した管理で安全
  • 生酵素エキスがソフトカプセルに入っているので飲みやすく、携帯に便利
  • 生酵素は熱に弱いので、夏場はクール便で配達

内容量・価格

  • お試しセット:3粒x7(約7日分)980円(税込)送料無料
  • 定期コース:3粒x30(約30日分)9,150円(税込)送料無料

飲み方

健康補助食品として1日3〜5粒目安に、水・ぬるま湯で噛まずに飲む
  • お通じが良くなる
    4.8/5
    家内が飲んでいたのですが、お通じがとても良い感じですよ、と言ってました。

    楽天市場

  • 価格がネック
    3.5/5
    50代女性
    効果は実感出来ますが、やはり少しお高いですね。 継続は検討中です

    楽天市場

効果は実感できるようだけど、価格がちょっと高いのがネックみたいね。定期コースはお得な割引などもあるのでチェックしてみて。体にいい良質なものを安全に摂取したい、という人にオススメ!安かろう悪かろうじゃないけど、本当にいいものはやはり手間ひまかかってお値段もそれなりに高くなるから、お金で安全や効果を買う、っていう考え方も。

こんな人におすすめ

  • 便秘がち
  • 疲れやすい
  • 冷え性
  • 朝の目覚めが悪い
  • 消化不良を起こしやすく、ウンチの色が黒っぽい
  • ダイエットしたい
  • 美しく年齢を重ねたい
  • 肌荒れがある
ほそみん
色々なポリフェノールが含まれていて、続けるとダイエットだけでなく、肌荒れ改善や疲労回復、便秘解消にいいみたい。1食置き換えのスムージーと違って、こちらは栄養補助食品。夜寝る前か朝起きがけに飲むと良さそうよ♪
生酵素OM–Xの購入はこちら

ポリフェノールで体の内側からキレイになろう!

 体の中も外もキレイにしてくれるポリフェノールは、成分によって効果が異なるので、自分が改善したいことに効果のあるポリフェノールを多く含む食材を普段の食事に意識して取り入れていきましょう!ダイエットによし、健康にし、美容によし、いいことづくめのポリフェノール。「最近疲れやすいなぁ」「なんか体が重い。太ってきた気がする」「肌の調子が悪いな」というときはポリフェノール不足かもしれません!食生活を見直して、体内環境や代謝アップして、体の中をまず改善→外見も美しくを目指しましょう♪

mobile footer