効果的なダイエット法は男女で違う!男性向け運動法7選&食事法7選

効果的なダイエット法は男女で違う!男性向け運動法7選&食事法7選

効果的なダイエット方法は男女で違うんです!もともとの体のつくりや筋肉の付きやすさなど、男性ならではの特徴を活かしたダイエットのやり方があります。今回は男性のダイエット方法について丸ごとまとめました。運動から食べ物まで男性必見です。

男性に効果が出やすいダイエット法とは?

ダイエットと言えば、女性がスリムな体や美容のために行うものというイメージかもしれませんが、男性でも肥満やメタボ対策として、体作りの一貫としてダイエットに取り組む人は少なくありません。特に働きざかりな20代後半以降は運動不足な人は特に代謝が落ちていて、飲み会などで食べすぎた場合次の日に体重が簡単に2、3kg増えていた、なんて体験がある人もいるはず(泣)。

男女の体の違いから、男性がダイエットを成功させるには、女性のダイエットとは異なるポイントを抑える必要があります。食事や有酸素運動などはもちろん必須ですがその内容が違ってきますし、筋トレを取り入れるかどうかも大切です。体の特徴や状態を把握して、必要な食事や運動を取り入れることがダイエット成功の鍵となります。

そこで今回は、男性のダイエット方法をまとめて私ほそみんが解説してきます。運動や筋トレのおすすめメニューから食事のポイント、おすすめのサプリメントまでしっかりと網羅しています。ダイエット初心者や運動不足の人も、体作りに取り組んでいる人も見逃せない情報が満載です。

ほそみん
こんにちは!編集長のほそみんこと細見すらりです。男性だってダイエットしたいわよね?引き締まった体は女性からも魅力的に感じるものですし、健康的な体を維持することも大切です♪ただ、女性と男性は異なる体の特徴があるからダイエットのポイントも違ってくるわ。男性のダイエットのポイントについてまるっと説明していくわね。男性諸君、最後までしっかりチェックよ!

男性はどんなダイエットをしているの?

実際にダイエットに成功したという男性は、どんな方法を摂ったのでしょうか?痩せたという男性の口コミをみてみましょう。

運動とプロテインで体づくり

スポーツや運動で体を動かしながらプロテインを摂るのは、とても男性らしい方法ですよね。体を動かして体脂肪を燃焼させながら、プロテインで筋肉を増強、筋力アップと代謝の向上が期待できるので、効率も良いです。

低カロリー食事と筋トレで効率良く減量

ダイエットには食事制限はつきものですが、カロリー数を減らすことに注目すると、お腹を空かせずに食べながらスムーズに痩せることも可能になります。そこで筋トレをすることで、筋肉が付きやすい男性なら代謝も上がりやすいので1ヶ月でも十分に減量ができるでしょう。

話題のパレオ式ダイエットでー15kg!

話題のパレオ式とは、糖質を減らして肉や卵など動物性食品を中心にたんぱく質と必須脂肪酸を摂取する食事法で、ダイエット方法として取り入れる男性も多く見られます。食事の内容は糖質制限に近い状態になりますね。継続することで徐々に体脂肪を落とすことができたということです。

ほそみん
ダイエットに成功した男性は、筋トレなど体を動かすことや、食事内容を気をつけることで痩せているようね。無理なく取り入れて継続することで、効果を体感しているみたい。

ダイエットに深く関係する、男女の違い3つ

男性がダイエットする際に抑えておきたいのが、「男女の違い」です。女性と同じようなダイエットメニューではなかなか効果が出ないことがありますが、それには男女の違いが関係しているのです。

男性は女性よりも筋肉が太くなりやすい

男性は女性よりも筋肉量が多いです。そのため、筋トレなど無酸素運動が多めの方が、有酸素運動よりもダイエットに向いていると言われています。筋肉が鍛えられやすいため、負荷の軽い筋トレを継続することが効率よく体重を減らすことに繋がります。筋肉が増強されることで基礎代謝があがり、日常生活の中で体脂肪が燃焼されやすい体質を作ることができます。週に1、2回激しい運動をするよりも、軽めのトレーニングを1日おきか毎日続ける方が良いとされています。筋肉が増えると勝手に体脂肪が落ちる体になるため、ダイエットの必要がない引き締まった体をキープできるようになるでしょう。

男性は女性よりも内臓脂肪がつきやすい

男性につきやすいのは、皮下脂肪よりも内臓脂肪だといわれています。そのため体脂肪を落とすのが比較的早くなります。というのも、内臓脂肪はお腹の内臓まわりにつきやすい脂肪で、血中に溶けやすい性質があります。一方、女性につきやすいのは皮下脂肪で、下半身や二の腕を中心に増えやすく、飢餓に備える貯蔵脂肪と言われるように一度つくと貯蔵庫として作用し、なかなか落ちにくくなっています。皮下脂肪より内臓脂肪が増えやすい男性なら、脂肪を減らしやすいということが言えるのです。最もつきやすいお腹の脂肪ですら、一番落としやすい脂肪なので思いの外早く体型が変わる可能性があります。

女性に比べて男性は皮下脂肪がつきにくい

そして内臓脂肪がつきやすい男性は、皮下脂肪はつきにくい体質です。そもそも筋肉質な男性は皮下脂肪を溜め込みにくいため、内臓脂肪が先についてそこから太るということになります。よって、落ちやすい内臓脂肪はスムーズに燃焼されるため、ダイエットが効率よく進められるのです。皮下脂肪がつきにくい分、メタボになりやすい体質ではありますので、お腹周りの脂肪には注意したいところです。

ほそみん
男性は筋肉質だからダイエットをしても脂肪が落ちやすいんだわ。皮下脂肪よりも内臓脂肪は落ちやすくなっているし、効率よくダイエットできそうね。

運動編|男性に効果の高いダイエット法・痩せるコツ

それでは気になる男性におすすめのダイエット方法についてご説明していきますね。まずは運動方法について具体的にひとつずつ見ていきましょう。

簡単な筋トレから始めよう

運動習慣のない人や体力が衰え気味な人は、軽い筋トレから始めるようにしましょう。突然ボディビルダーのような本格的なトレーニングを始めても、筋力アップになるどころか怪我の原因にもなりかねません。負荷を軽くし、時間も短く続けやすいトレーニングメニューを実践するようにしてくださいね。

簡単10分間トレーニング Around the World

世界一周という名前のトレーニング方法で、静止するポーズでじんわりと筋肉を鍛えていきます。簡単ながらも体幹や四肢など全身の筋肉をしっかり刺激できるので、初心者にもおすすめです。ゆっくりと呼吸をしながら続けるようにしてください。

1.プランクポーズ 30秒

腕立て伏せの準備の状態から肘をついたポーズです。うつ伏せから肘とつま先だけをついて静止します。頭からかかとまでは一直線になるようにしましょう。

2.サイドプランク 30秒

プランクの横向きバージョンです。横向きになったら上の腕を伸ばします。肩の真下に肘を置き、体を一直線にしてお尻が出ないようにします。側筋を使って体を支えましょう。

3.バナナプランク 30秒

仰向けで行うプランクです。背中を反るようにしますが、腰と床の間はできるだけ埋めるようにしましょう。膝を曲げてもOKです。

4.サイドプランク 30秒

ここでもう一度サイドプランクを行いますが、2とは反対側のサイドプランクにしましょう。

5.プランク 30秒

最後に1のプランクをもう一度行いましょう。

1から5を1セットとし、終わったら1分間のインターバルを挟んで繰り返します。3セットで10分という計算になりますね。簡単そうに見えますが、プランクは意外とつらいポーズですので、難しい場合は時間を短くしても問題ありません。徐々にキープできる時間を長くして30秒を目指しましょう。動画での説明も参考にしてください。

BIG3をするだけでも痩せる

筋トレのBIG3をご存知ですか?ベンチプレス、スクワット、デッドリフトの3種目のことをBIG3と呼んでおり、基本的なトレーニングメニューながら効率よく筋肉をつけられるとされています。プロのトレーニーやアスリートなどもこぞって行うほど効果が高いため、筋トレ初心者や忙しい人のトレーニングにも適しています。それぞれの具体的なやり方とポイントについてまとめます。

ベンチプレス

ベンチに仰向けになって寝そべった状態から、バーベルなどを胸の上で上げ下げするトレーニングがベンチプレスです。ジムなどでは男性がよく行っている姿を見たことがあるのではないでしょうか。ターゲットとされる筋肉は、胸の大胸筋や三角筋、上腕三頭筋で肩や胸、腕の筋肉を増強します。また、胴体を安定させるための腹筋や背筋も同時に鍛えられるので、体幹のパワーアップにも繋がります。

やり方

  1. 肩幅よりも少し広めにバーを握れるように、グリップの位置を調整する。
  2. ベンチに背中をしっかりとつけて、膝を直角に曲げたところに足を固定、地面につける。
  3. 肩甲骨を寄せるようにし、バーを胸の下に下ろす。体に触れないようギリギリのところにしておく。
  4. なるべく手首を立て、バーをしっかりと握ってからゆっくりと上げていく。
  5. 腕を伸ばす直前まで上げたら、息を吸いながらバーを降ろし、これを繰り返す。

ポイントは呼吸を止めないこと。バーを上げている時には息をゆっくりと吐きながら行い、バーを下げる時に息を吸うようにするとやりやすいでしょう。重りの目安は体重と同じ重さですが、軽い重量からスタートしても問題ありません。正しいフォームが大切なので、慣れないうちは姿勢を確認しながら行うようにしましょう。

スクワット

筋トレの中でもベーシックなトレーニングのひとつ。実際にやったころがあるという人も多いでしょう。筋トレの王様とも呼ばれるスクワットは、15回行うと腹筋300回以上にも匹敵するといわれています。それだけ効率の良いトレーニングはやらない方が損ですよね。膝を曲げ伸ばしする屈伸運動のように見えますが、下半身と共に腰まわりや背中、お腹にも効いていきます。刺激できる筋肉は、大腿四頭筋やハムストリング、大臀筋、背中の脊柱起立筋など広範囲に渡ります。自分の体重だけでも十分ですが、バーベルやダンベルを持ちながら行うことで更に負荷がかかります。足の筋肉は全身で一番大きいため、ここを鍛えることで効率よくダイエットできるでしょう。

やり方

  1. 肩幅ほどに足を広げて立ち、つま先はまっすぐ前を向ける。
  2. 背筋を伸ばし、そのまま足を曲げ腰を落としていく。
  3. 息を吸いながら上半身は前に倒しすぎないようにし、腰を直角まで曲げたらそこで少しキープ。
  4. 息を吐きながら膝を伸ばして元の位置に戻り、これをゆっくり目に繰り返す。

膝を曲げた時につま先よりも膝が前に出ないように気をつけましょう。背筋はまっすぐ伸びたまま行うようにしてください。手を肩から前にまっすぐ伸ばすか、腰に当てておくとやりやすいでしょう。回数を多くこなすよりもゆっくりと行うように意識すると効果的です。

デッドリフト

名前からはキツそうなイメージが浮かぶデッドリフトは、全身の筋肉を使うトレーニング。背中の広背筋や僧帽筋などを中心に足の筋肉も鍛えることができます。BIG3の中では最もハードルが高いとされる種目ですが、少しずつ負荷を高めていくことで慣れていきます。正しいフォームがとても重要なので、しっかりと意識するようにしましょう。慣れないうちはトレーナーについてもらってやるのがおすすめですね。

やり方

  1. 肩幅ほどに足を広げて立ち、足の前にバーベルを置く。重りなしでもOKです。
  2. 足よりも外側の位置で手でバーを握り、足とお尻の筋肉に力を入れて立つ。
  3. 背中の力でバーを体すれすれを通りながら持ち上げるように、上げていく。
  4. 膝くらいまできたら腰をまっすぐにしながら上げていき、背筋を使って上半身を起こしていく。
  5. 直立になったら背中の肩甲骨を締める。
  6. 腰を曲げたり背中を丸めないように注意しながらバーを降ろしていき、元の位置に戻ったら繰り返す。

ポイントは無理をしないことと、姿勢を意識することです。間違えるとせっかくのトレーニングの結果ができにくいだけでなく、怪我をする可能性もあります。

Let’s スクワットチャレンジ

海外で人気が出て日本にも上陸した話題のスクワットチャレンジ。基本は30日間数を増やしながらスクワットをほぼ毎日行うトレーニングです。しゃがんで立ち上がるだけに見えるスクワットは、全身の筋肉を効率よく鍛えられ、筋肉量の多い男性にはぴったりの種目となっています。1ヶ月間スクワットを地道に行うだけですが、初日は50回からスタートし、最後の30日目にいは250回まで到達するように計算されています。普段から体を動かしていない人なら30回でもきつい、と思われるかもしれませんが、その場合は1日の中で数回に分けて行ってもOK。増やす回数は1日ごとに5〜10回となっていますので、無理のない範囲で続けるようにしましょう。何日目に何回スクワットを行うかは次の表を参考にしてください。

日数スクワット回数日数スクワット回数日数スクワット回数
1日目50回11日目110回21日目180回
2日目55回12日目休み22日目185回
3日目60回13日目130回23日目190回
4日目休み14日目135回24日目休み
5日目70回15日目140回25日目220回
6日目75回16日目休み26日目225回
7日目80回17日目150回27日目230回
8日目休み18日目155回28日目休み
9日目100回19日目160回29日目240回
10日目105回20日目休み30日目250回

スクワットの正しいやり方は、上記BIG3の中にまとめてありますので参考にしてください。回数をこなすよりも正しいフォームで行うことが大切です。また、一人でもできますが、友人や恋人と一緒に取り組むことでモチベーションが上がり途中で挫折することなく完了できるはずです。お金をかけずにどこでも行うことができるスクワットで、ぜひ体つくりにトライしてみては?

毎日20分は有酸素運動をする

筋トレとともに有酸素運動をすることもダイエットに効果的です。体脂肪自体を減らすためには、有酸素運動を行うことで効率が上がります。運動に慣れていない人は特に、体に負担がかかりにくく楽に始められるような有酸素運動がおすすめです。習慣化させて継続することが重要ですので、はじめから無理は禁物。できることから始めていきましょう。おすすめはウォーキング、ジョギング、バイク、そして水泳です。

速足ウォーキング

ウォーキングは道具も不要でいつでも行える運動ですよね。ダイエット効果を高めるために、速足にすることでエネルギー消費が高まりダイエットに効果が出やすくなります。多少エネルギー消費は少なくなるものの、他の有酸素運動よりも継続しやすく体にも負荷がかかりにくいため、幅広い人におすすめできる有酸素運動です。時間が取れないという人は生活の中で歩く時間を増やすだけでもウォーキング代わりになるでしょう。姿勢は背筋を伸ばし、かかとから着地するように意識することでウォーキング効果が高まります。

ジョギング

ただ走るだけに見えるジョギングは、友人などとおしゃべりができるスピードで行うことがポイントとなります。軽く息が上がる程度で、苦しくなりすぎないスピードをキープしましょう。1日20分でも行うことで、習慣化していき体のエネルギー消費も増えますよ。ただし、膝やかかとに負担がかかる可能性がありますので、普段から体を動かしていないという人は特に怪我に注意してください。そして行う前には準備運動も忘れずに。

バイク

バイクは自転車だけでなくエアロバイクという器具を使った運動です。マシンさえあれば自宅でも行えるのが特徴で、下半身を中心に動かすことができます。膝などにかかる負担が少ないながらもしっかりとエネルギーを消費できますよ。

水泳

有酸素運動の中でも消費エネルギーが大きい水泳は短時間でもかなりの効果が期待できます。プールが近くにない場合は続けるのが難しいかもしれませんが、ジムや公共プールなどは比較的多いので探してみると良いでしょう。クロールや平泳ぎがおすすめです。スピードを早くするよりも同じスピードでできるだけ長く泳ぎ続けるのが理想的ですね。

エスカレーター・エレベーターを使用しない

駅やオフィスビル、買い物先など日常的にエスカレーターやエレベーターをよく利用するという人は、その代わりに階段を使うようにするだけでも立派な運動になります。踏み台昇降や階段の登り降りを利用したダイエット方法もあるように、階段を使うことはかなりの運動になるのです。脚の筋肉がしっかりと使われるため消費エネルギーが多くなり、お尻の筋肉まで鍛えられます。1日400段の階段登り降りで15分間のジョギングと同じカロリー消費になるといわれています。ジムや運動の時間が取れない人にはぜひおすすめですね。

ひと駅前で降りて歩く

電車通勤の人はぜひ一駅分歩くことを習慣にしてみてください。一駅分歩くだけでも立派な有酸素運動となります。電車で一駅なら1〜2分で、歩いても5〜10分ほどなのでそこまで時間はかかりません。ただし、通勤の往復で行うと合計10〜20分ほどと侮れませんよ。少し時間に余裕を持って自宅を出発すれば、一駅分歩く時間は十分に確保できるはず。天気が良い日なら、特に外の空気を吸いながら歩くのが楽しくなりますよ。ぜひ明日から始めてみてください。

できる限り休日は外へ出て過ごす

休日は平日の疲れから予定がない限り外出しないという人も多いのではないでしょうか?せっかく時間がある休日ですから、どうしても疲れが取れない日以外はぜひ外出することをおすすめします。近場であっても外出して散歩する、ウィンドウショッピングを楽しむ、書店で本を探すなどでも体を動かすことになります。ちょっと時間を取って日帰りで海や森へ出かけてみるのもいかがですか?また刺激も受けて頭もすっきりするはずです。家でゴロゴロしていてはダイエット中の消費エネルギーもそこまで上がりません。また、お腹が空いていないのに冷蔵庫を開けて何か食べてしまって、リバウンドにも繋がります。余計な食べ物を食べることにぜひ外での時間を楽しんでみてください。

ほそみん
忙しい人には階段や一駅分のウォーキングがおすすめね。また、電車に乗っている時ならエクササイズとして吊革にぶら下がる、捕まらずに両足でしっかりと立つ、などでも筋肉は意外と鍛えられるわ。

食事編|男性に効果の高いダイエット法・痩せるコツ

次に食事の内容について具体的にまとめていきます。食べるものも運動と同じくらいダイエットには大切なものです。ストイックに闇雲な食事制限をするだけでなく、的を得た男性特有の食事方法を取り入れることがポイントとなります。

摂取カロリーを抑える

ダイエット中は基本的にカロリーを控えること。一般男性の平均カロリーは1日1,800〜2,000kcalと言われています。これは通常の生活を送るのにベストなカロリー数値なので、これよりも下げることで摂取エネルギー>消費エネルギーという式が成り立ち、痩せやすくなります。ただ、ダイエット食品やプロテインのみのストイックすぎる食事や、全く食べないとなると基礎代謝が低下してしまいます。特に筋トレを取り入れる場合は、たんぱく質など必要な栄養素の補給は必須です。ダイエットを辞めた途端にリバウンドする可能性も出てきますので、栄養を十分に取った上でカロリーを抑えるような食事内容がおすすめです。

糖質の摂取を制限する

糖質制限や炭水化物ダイエットなどが流行していますね。白米やパンといった炭水化物の量を減らし、代わりに脂質やたんぱく質でエネルギーを補う食事法で糖質の量を制限するという方法ですが、男性には特に効果的と言われています。甘いものやスイーツは特にダイエットには禁物とされていますが、それだけでなく白米やパンなど小麦製品は、分解されるとブドウ糖となり血糖値を上げやすくします。血糖値を急激に上下させることで、体脂肪がつきやすくなるので注意が必要です。逆に炭水化物を減らすと、男性につきやすい内臓脂肪が減りやすいため、すぐに効果が出やすいという訳ですね。

血糖値を上げにくい食品を選ぶ基準として、GI(グリセミック・インデックス)という数値があります。GI値は食材ごとに数値が異なっており、高いほど血糖値を上げやすいという読み方をします。目安はGI値が60以下の食品を食べるのがおすすめです。具体的には糖分の少ない野菜や海藻、肉や魚介類といった動物性食品が多いですが、調味料や主食と併せると簡単に数値が上がるので注意しましょう。

糖質制限ダイエットだと、1日の糖質摂取量は体重×g数とされています。さらに厳しいダイエットだと、1日の糖質を20g以下に抑えるようになっています。自分のライフスタイルに合わせて糖質制限に取り組んでみることをおすすめします。

よく噛んでゆっくり食べる

よく噛んで食べるダイエットという方法もあるくらい、噛むことはとても大切です。いつもの食事でも噛む回数を増やしただけで数kg痩せたという口コミも見られます。噛む回数を増やすことで少量の食事量で満腹中枢が刺激され、お腹いっぱいに感じられます。また、よく噛むことで唾液が分泌されやすくなり、食べ物の消化吸収が進みます。そのためいつもより早いタイミングで満腹感を感じられ、食べ過ぎ予防になるのです。噛むことでもカロリーが消費されているため、ダイエット効果も高まります。食事をすることで体が熱く感じるという人も多いはずですが、これは食事誘発性体熱と呼ばれるもので、1日の消費エネルギーの1割程度にもなると言われています。噛む回数を増やすだけでダイエット効果が高まるなら、すぐに取り入れない手はありませんよね。目安は1口50回から、慣れたら100回を目指すことをおすすめします。

朝食をしっかり食べる

朝食はしっかりと食べることをおすすめします。お腹いっぱいまで食べなくても良いですが、腹6分目から8分目ほどの食事を取るようにしましょう。朝食は一日のスタートを切る食事でエネルギーの補給となります。ここでエネルギーが補われないと、1日の活力が得られず、体の中の消費サイクルの活動が始まりにくくなります。朝食を食べない健康法などもありますが、ダイエット中はむしろ筋肉を減らさないことが大切なので、食べて栄養素を摂取するようにしましょう。食べることで体温もあがり、更に代謝がよくなるのでダイエット効果が高まります。たんぱく質と脂質、そして糖質をバランスよく摂ることを意識すると良いですね。

間食をとる

ダイエットを続けて体を作っていくためには、無理な食事制限や過剰な我慢はしない方が良いでしょう。ダイエットにおやつはNGと思う人も多いかもしれませんが、食べたい時には素直に食べるようにすることも大切です。また、あまりに食べない時間が長いと血糖値が下がり、その後の食事でドカ食いしてしまう恐れもあります。おやつを我慢しているとストレスになって、いつか爆発してリバウンドしてしまう、なんて心配もあります。

もちろん量は控えめにしておくことは大切です。栄養バランスが良くて食べやすいものがおすすめです。チーズやゆで卵、あたりめなどはコンビニでも気軽に買えるので良いですね。筋肉が多い男性はたんぱく質を常に補給しておくことがポイントだからです。その他にも、ナッツやドライフルーツ、野菜スティックなどは使えるでしょう。もし可能なら、自分で低カロリーなおやつを作ってみるのも楽しいかもしれませんよ。

夕食の時間を早くする

夕食の後は寝るだけなので活動による消費エネルギーは少なくなります。そのため、夕食の時間を早めに済ませておくと、寝る前に摂取した分のカロリーが消費されて、繰り越される心配がなくなりますよ。理想は1日の中で朝食から夕食に向かってカロリーを減らしていく食事バランスです。同じカロリーや食事内容でも、朝食抜きや夕食をがっつり食べるのはダイエットには逆効果です。早めに軽い夕食を済ませておくようにしましょう。

夜10時以降は食べない

人の体は寝る時間に近づくと脂肪を溜め込むモードに変化します。そのため、夜食や夜10時以降の遅い食事はダイエット中には避けるようにしましょう。寝ている間は特に脂肪蓄積が進みやすいです。また、食べ物の消化が終わっていないと、睡眠中に本来行われるべき疲労回復や成長ホルモンの活動などが抑制されてしまいます。ダイエットだけでなく健康にも良いことはありませんので、何か食べるなら夜10時前に済ませるようにしてください。

ほそみん
筋肉の多い男性はたんぱく質を欠かさずに摂ることね!せっかく筋トレで鍛えた筋肉が分解されて減らないようにすることを意識すべきだわ。

本気でダイエットしたい男性向け!おすすめサプリ3選

男性がしっかり痩せるためのダイエットのポイントをまとめてきました。本気になった人も多いはず!そこで、さらにダイエットを成功させるためにおすすめしたいサプリメントをご紹介していきます。効率よく引き締まった体を手に入れるために、ぜひとも取り入れてほしい厳選サプリです。ぜひチェックしてみてくださいね。

筋肉増強サプリでバルクアップ

購入者の9割以上がリピートしているという人気筋トレサプリメントがDCHディープチェンジHMBです。

プロのアスリートやモデル、ボディビルダーにも愛用されており、なんと…

医師の90.3%が最も使い続けたいHMBサプリNO1を獲得しています。

商品の概要

支持率が高いDCHは、効率よくトレーニングの成果を上げるために、筋肉増強成分が黄金比率で配合されているところに特徴があります。筋トレに必須と言われるクレアチンは、食事だけではなかなか満足できる量を摂ることは難しいとされますが、DCHにはしっかりと配合されています。また、クレアチンと同時に摂取することで相乗効果を発揮してくれるHMB、3種類のアミノ酸からなるエネルギー源のBCAAも主成分として配合。スポーツや筋トレのお供に欠かせません。

内容量  240粒
飲み方 1日8粒を水などで飲みます。筋トレ直前、直後や運動前後、就寝前がおすすめです。
価格実感チャレンジコース(定期購入)初回無料(送料500円)、2〜4回目(30%off)9,100円(税抜き)、5回目以降(50%off)6,500円(税抜き)


口コミ

  • 引き締まってきた
    朝起きて1粒、トレーニング前に2粒飲んでた。体重はそれほど変化ないけど、飲み始める前とくらべて体が引き締まった気がして以前よりトレーニングに身が入る。副作用とかは特になし。 合う合わないはあるんだろうけど、いまのとこ気に入って飲んでます。

  • 腹筋が割れてきた!
    まだ1ケ月ですが、多少運動したらお腹が割れそうになってます!個人的にはオオ〜と感じです。もう少し体を動かそうと思い電車も一つ手前の駅で降りて歩くようにしました。ちなみに4粒飲んでます。やはり運動は多少しないとね。

体感が出ているという人が続出しているようです。しっかりと筋トレや運動の効果を高めてくれる成分が豊富なので、続けるだけでも体に変化が見られるかも?! 

おすすめポイント

  • 効率よく筋トレやスポーツのパフォーマンスをアップさせたい人へ
  • 体力の衰えやスタミナ不足対策に
  • ダイエット効果が高く効率よく脂肪燃焼、細マッチョな体へ
  • 飲みやすく続けられるタブレット

\今月だけスラリコラボ限定♪/
送料込み初回1円キャンペーン

\久々に会ったら別人レベルで痩せてた…/
DCHで-〇〇kgの体験談はコチラ♡


脂肪吸収を抑制してダイエット効果アップ

ダイエット中でも外食や飲み会に参加する機会はあるもの。そこで厳しく食べ物を制限するのも難しいですよね…。そんな時は、食べたものの吸収を抑えるファンケルカロリミットを利用しましょう。

商品の概要

カロリーや余分な糖質や脂質が多い食事をする際に、その体内吸収を阻害して体外に排泄する作用があります。成分には糖質をカットする作用がある桑の葉由来イミノシュガーやインゲン豆由来のファセオラミン、脂質を除外してくれるキトサンやギムネマ酸、エピガロカテキンガレートといったものを配合しており、無理なくトータルで脂肪蓄積のもとを排除してくれます。食後に摂取することで血糖値の上昇を緩やかにし、体脂肪を溜め込むのを防いでくれるのです。そのため、食欲を増加させることなくスムーズなダイエット継続をサポートしてくれますよ。脂っこい食事が多い人、スイーツが止められない人などのダイエットにぜひ取り入れてほしいアイテムです。

内容量1袋120粒入り
飲み方1回2〜4粒を水などで飲みます。食前または食後がおすすめ 
価格初回限定(10回分)648円、120粒入り単品1,563円、3袋セット4,207円


口コミ

  • 減量に成功♪
    私は仕事の都合で夜ご飯が遅く20時半~21時半付近に取るので 夜ご飯前に4粒飲みました。 169cm79kgから試してみました。 1週間経過で74,5kgです。 効果あったようで、1週間で4、5kg減 正月太りだったこともあるし、もともと3kg程度の増減が よくあった体質なので あまりアテにならないところがありますけど、 正月前が76kgだったことも考えると効果あったと思います。 もうちょっと夜のみの摂取を続けてみて様子を見たいと思います。

    amazon

  • お通じがよくなった!
    脂肪が減るわけではなく、お通じが良くなって体重が減りました。4粒飲んだだけで、翌日2回以上しっかりお通じがあります。食べた分、出て行くイメージです。

    @cosme

ダイエット効果がでているという声も見られますね!お通じの解消など、ダイエットに役立つ成分の作用が目立ちます。

おすすめポイント

  • 食事で摂った余計な脂質や糖質の吸収を阻害
  • お通じの解消にも効果大
  • 外食や飲み会が多い人のダイエットサポートに
  • 高カロリーな油ものやスイーツが好きな人へ

ファンケルカロリミットの詳細はこちらから

食べたら余分は排除!デトックス系サプリ

ラクトフェリンという腸溶性成分がたっぷり入ったサプリメントのラクトフェリン。愛用者ならではのこだわりが行き届いたアイテムとなっています。

商品の概要

良質なラクトフェリンが配合されており、腸溶性でしっかりと腸まで溶けずに届くよう工夫されています。そのため、腸内環境を改善し免疫のアップや便秘解消、デトックスの促進が期待できます。その他にも、ヒアルロン酸、コラーゲン、コンドロイチンといった成分が豊富に入っており、体内の抗酸化や若返りに効果的ですよ。血行促進作用も期待できるので、代謝の高い体つくりをしながら太りにくい体質へと変化していけるでしょう。無理なくダイエット成果を得られる頼れるアイテムです。

内容量1個90粒入り
飲み方1日3粒を水などで飲みます。
価格単品購入1本9,000円、2本セット17% 割引14,950円(税抜き、送料無料)


口コミ

  • 続けていると調子良いです。
    毎日欠かさず美肌MAXを愛飲して、もうすぐ4年になる主婦です。 飲み始めたきっかけは、ラクトフェリンの効果に興味を持ちネットで検索していて、たまたまビライバさんを見つけました。はじめは、美肌と健康のため、と飲み始めました。ただ毎日寝る前に3粒飲むだけで私の体をしっかり守ってくれるお守りのようなラクトフェリン。これからもずっと飲み続けます。

    ビライバ

 飲み続けることで体調が良いという人も多く見られます。これなら家族や夫婦で、ダイエッター同士で誰でも取り入れやすいですね。

おすすめポイント

  • 健康を維持しながらダイエットできる
  • アンチエイジング作用も高い
  • 有効成分を濃縮して腸まで届く
  • 飲みやすいタブレットタイプ

ラクトフェリンの詳細はこちら

男性向けのダイエット法で効率よく痩せよう!

男性向けのダイエット方法について具体的にご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか?男性と女性では体のつくりや性質が異なるので、同じダイエットといっても男性に合ったポイントを取り入れて行うことがポイントとなります。男性は筋肉がつきやすいため、皮下脂肪よりも内臓脂肪が増える傾向にあります。そのため、体脂肪が落ちやすいのでダイエットを始めると結構な確立で早く効果が見られます。ただ、基礎代謝を上げて太りにくい体を作りながら痩せていき、リバウンドを防ぐことが大切なので、運動と食事両方に取り組む必要があります。

運動は筋トレや有酸素運動がありますが、自宅でも簡単にできるものも多いのでやりやすいものから始めていきましょう。極端な食事制限はリバウンドのもとになりますので、栄養バランスを考えながら朝食からしっかりと食べるようにしましょう。流行の糖質制限は男性は特に効果が見られやすいのでおすすめです。また、運動、食事と共におすすめのサプリメントを取り入れると更に効率よくダイエットが進むはずですよ。

男性に合ったダイエット方法を取り入れて、効率よく理想の体を作っていきましょう!

ほそみん
ダイエット方法でも男性に合ったやり方なら効率が良いはず♪ぜひここの情報を元に、できることから取り組んでみてくださいね!きっと引き締まった体が手に入るはず!