LDLコレステロール値が低いと危険!?5つの症状&改善するために摂るべき食品

LDLコレステロール値が低いと危険!?5つの症状&改善するために摂るべき食品

L4F4cMb6.jpg

LDLコレステロール値が低すぎると危険って本当?

LDLコレステロールは、絶対低い方が良いと思っている人って多いのではないでしょうか?健康診断でも、LDLコレステロール値が高いと動脈硬化や脳梗塞などの病気の原因になる為、ここが高くて引っかかったという人もいると思います。LDLコレステロール値は高いことで注意されることが多いので、「低い方が良い」と思いがちですが、実は低いから良いというものではないのです。高くてもダメ、低くてもダメという、LDLコレステロールって何なんでしょうね?そこで、ここではLDLと他のコレステロールの違いといった基本的なことから、正常値、低い場合に起きる症状と、それを改善するための食品などについても詳しく説明します!

LDLコレステロールとは?知っておきたい基礎知識

ほそみん
コレステロールといっても、実はLDLコレステロールとHDLコレステロールの2つの種類があります。ではこの2つは何が違うのかを、もう少し掘り下げてみましょう。

コレステロールには善玉と悪玉が存在する

​コレステロールには、悪玉のLDLコレステロールと善玉のHDLコレステロールの2つがあります。悪玉と善玉なんて、なんだか時代劇にでてきそうな感じで、善玉が悪玉をやっつけるから、善玉が良いと思ってしまいますよね。そして悪玉と善玉の2つを足したコレステロールのことを、総コレステロールと言います。健康診断のコレステロールの箇所を見ると、総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロールの3つの値が記載されています。この3つのコレステロール値それぞれに基準があって、基準値よりも高かったり、低かったりすると体に何かが起こっている異変のサインかもしれないのですよ。

「悪玉コレステロール=悪者」ではない

悪玉コレステロールは、いつも悪者と思われがちですが、本当は悪玉コレステロール=悪者ではないのです。悪玉善玉の話をする前に、コレステロールとは何なのかということを説明しましょう。レステロールというのは、体内にある脂質の一種です。そして普通栄養素というのは、血液が体中に運んでくれます。でもコレステロールは油の一種なので、そのままの状態では血液がコレステロールを体中に運ぶことができないので、タンパク質と結びつくことで運ぶことができるようになります。このタンパク質とコレステロールが結びついた形をリポタンパク質と呼んでいます。悪玉(LDL)と善玉(HDL)の違いは、タンパク質にくっつくコレステロールの量で決まり、コレステロールの量が1番少ないリポタンパク質がHDL、そして中性脂肪が少なくコレステロールが1番多いのがLDLとなります。1番多い少ないと言っている理由は、じつはリポタンパク質は、HDL、カイロミクロン、VLDL、IDL、LDLの5種類あるからです。

悪玉コレステロールは体からなくなった方が良いという悪者ではないという理由は、悪玉コレステロール値が低くなりすぎてしまうと、今度は体に悪い影響を与えてしまうからです。例えば体重を思い浮かべてみて下さい。正常値よりも多すぎる体重は悪いですが、だからといって基準値以下では免疫力が落ちたり、貧血、糖尿病のリスクが上がってしまいます。コレステロールも同じように、多すぎるのも問題ですが、少なすぎても、栄養不足、ホルモン不足、免疫力の低下といったことが起きるのです。悪玉コレステロールというと悪物と言われがちですが、実はきちんとした役割があり、決して悪者というわけではないです。

LDLコレステロールの役割

悪玉の​LDLコレステロールの1番大きな役割は、体内にコレステロールを運ぶことですが、その他にコレステロールは体に必要な分泌物や化合物の原料になっています。その3つがこちらです。

  1. 副腎皮質ホルモン
  2. 細胞膜
  3. 胆汁酸

LDLコレステロールが少なくなりすぎると、上に書いたような体に必要な分泌物の生成ができなくなるので、体の機能にも影響してしまうのです。

ほそみん
悪玉コレステロールって少なければ少ないほど良いと思っている人も多いと思うけど、実は少なすぎても悪いのよね。極端に低い場合は、体のSOSってこともあるから、注意しましょう!

あなたは把握している?コレステロールの正常値

ほそみん
皆さんは、自分のコレステロール値が正常かどうかって知ってますか?会社の健康診断の結果もパーっと見て終わりという人が多いのではないでしょうか。特に問題がなくても、自分のコレステロール値が正常値かどうか、把握しておくことが大切です!

総コレステロール値

総コレステロールの正常値は140〜199mg/dlです。先にも述べましたが総コレステロールと言うのは、善玉コレステロールと悪玉コレステロールを足した値のことで、この値でわかることは、脂質代謝が正常かどうかということです。脂質代謝というのは、血液中に流れているコレステロールや中性脂肪などの脂質の量のことで、総コレステロール値が正常値に比べて高かったり低かったりすると、脂質が過剰か、不足しているなど代謝が正常に行われているかどうかがわかるようです。そして高過ぎても低過ぎても、病気になるリスクが高まると言います。

​​総コレステロール​値​リスクが高くなる病気や症状
​正常値より高い​狭心症、心筋梗塞
​正常値より低い​精神不安定

善玉(HDL)コレステロール値

善玉コレステロール値の正常値は40〜119mg​/dl以上です。善玉コレステロールには、血管の中にくっついた悪玉コレステロールを取り除いて、動脈硬化などを防ぐ働きをします。善玉コレステロールが高い場合はほとんど問題はありませんが、正常値よりも低い場合は低善玉コレステロール血症といい、他にも病気の可能性がでてきます。

​善玉コレステロール値​リスクが高くなる病気や症状
​正常値より低い​メタボリックシンドローム、虚血性心疾患、糖尿病​

悪玉(LDL)コレステロール値

​悪玉コレステロールの正常値は60〜119mg/dl未満​です。現代人の生活習慣は悪玉コレステロール値が高くなりがちと言われますが、高いのは勿論、そして低くても体には悪影響を与えてしまいます。どちらかというと、悪玉コレステロール値が高いよりも、低い方が病気や自殺などの死亡率が高くなると言われています。

​悪玉コレステロール値​リスクが高くなる病気や症状
​正常よりも高い糖尿病、高血圧、動脈硬化、甲状腺機能低下症、​ガン
​正常よりも低い​免疫力の低下、ホルモン分泌の低下、貧血、脳卒中、ガン、
ほそみん
ここに書いてある基準値は人間ドック協会のを参考にしているけど、コレステロール値は、厚生労働省、日本動脈硬化学会などそれぞれ独自の基準があるから、少しわかりにくいのよね。でも健康診断でコレステロール値の所に精密検査とあった場合は、すぐに病院でチェックしてもらうことが大切よ!

 LDLコレステロール値が低いと現れる5つの症状

LDLコレステロールには、体のいろいろな部分にコレステロールを運ぶ大切な役目があると言いましたが、実はこの値が低すぎると、コレステロールが必要な所に届かないので影響でることがあります。ここでは、LDLコレステロール値が低いと、どんな影響がでるのかその症状について説明しますね。

甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)

甲状腺機能亢進症というのは、甲状腺から甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるために、新陳代謝が過剰に進むため、同時に脂肪の代謝の良くなって、低コレステロールになってしまいいろいろな症状を起こす病気です。この甲状腺機能亢進症​が引き起こす病気というと、シンガーソングライターの絢香さんが患ったことでも知られているバセドウ病やプランマー病などがあげられます。LDLコレステロール値が基準よりも低い場合は、甲状腺機能亢進症が原因になっている可能性もあります。​下記の症状があって、それにプラスしてLDLコレステロール値が基準よりも低い場合は、病院などで1度見てもらうことをおすすめします。

甲状腺機能亢進症の症状とは

  • イライラすることが多い
  • 手が震える
  • 疲れやすい
  • 下痢することが多い
  • 急に痩せてしまった/体重が減った
  • 暑がりになった
  • 動悸や息切れすることがよくある
  • 生理不順になる

 ​不快症状

​LDLコレステロール値が低いということは、栄養状態も低下して低栄養状態であるということです。ですから貧血やむくみなどの症状がでたり、食べ物の消化力も低下するので、胃もたれといった不快な症状がおきることもあるようです。ただ、人によってはこういった不快症状があまり出ないという人もいるようです。​

不眠症状

​コレステロールというのは、女性ホルモンや男性ホルモンなど、様々なホルモンの材料となるのですが、その材料が不足してしまうと、精神的に不安定になり、イライラしたり、不安症など「うつ」の症状がでてしまうことがあるようです。それに伴い、不眠症や不眠まではいかなくても、夜中に何度も起きたりなど、ぐっすりと眠れないなどの症状や、これが続くと自殺願望などががでてくるといった深刻な状況に繋がることもあるようです。

抗炎症作用機能の低下

​抗炎症作用というのは、普通体のどこかで炎症が起きると体はその細胞を再生することで鎮めようとします。しかし、LDLコレステロール値が低いと、その作用が低下するので、細胞組織は再生ができなくなりウィルスなどの刺激から守ることができなくなるばかりか、同時に免疫機能も低下してしまいます。

出血しやすくなる

LDLコレステロール値が低くなると、細胞膜などの生成が活発に行えないために、細胞膜や血管壁などが弱くなってしまいます。細胞膜や血管壁が弱くなると、血が出やすくなったり、ひどいと脳出血を起こしやすくなるリスクが上がってしまいます。

ほそみん
コレステロール値が高いと、動脈硬化や不妊のリスクがあると言われているの。動脈硬化は血中に含まれるコレステロールの量が多く、血がドロドロの状態だからだけど、不妊は、コレステロール値が高い状態が続くと、妊娠に必要なホルモンであるエストロゲンなどのホルモンの働きを低下させてしまうからのようよ。でも、反対にコレステロールが低すぎても、体に必要な栄養が行き届かないから、貧血や免疫機能の低下、出血しやすくなるなどの症状がでてしまうこともあるから、コレステロール値はバランスが大切なのね!

どうして?LDLコレステロール値が低くなる3つの原因

では、どうしてLDLコレステロール値が低くなるのでしょうか?ここではLDLコレステロール値が低くなる原因を3つ上げてみます。

低カロリーの食事

​ダイエット方法はいろいろとありますが、運動をメインにした方法ではなく、単純に低カロリーの食品を食べて、毎日の摂取カロリーを減らすようなダイエットをしている人も多いのではないでしょうか?その場合、体に必要なタンパク質や、ビタミン、糖などが不足してしまうので、低カロリーの食品を多く摂るような食事を長期で続けていたりするとLDLコレステロール値が低くなることがあるようです。また低カロリー食に加えて、仕事で肉体労働が多い人や激しい運動を毎日行っている人も、消費エネルギーが多いのに入ってくるエネルギーが少ないので、LDLがコレステロール値が低くなってしまうことがあるようです。 

肉や魚の摂取量不足

元々卵や肉、魚といった動物性の食品の摂取が少ない人や、ダイエット中、ヴェジタリアン、絶対菜食主義とも呼ばれる卵や乳製品なども摂取しないビーガンの人なども、LDLコレステロール値が低い傾向が強いようです。ダイエット中だからといって、脂質を全くとらなかったり、肉類や魚を全く摂らないというような食事を続けていると、LDLコレステロール値が基準よりも低くなってしまいますので、ダイエット中でも肉や魚を食べることが必要です。​コレステロールというのは、食事からも摂取できますが、実はコレステロール量の2/3は体内で作られています。体内でコレステロールを生成する時に必要なのが、脂質、糖質、ビタミンA,D,Eなどで、肝臓で合成されます。ダイエットなどで、こういった栄養素が入ってこない場合、コレステロールの原料が不足してしまい、うまくコレステロールを作り出すことができないので、低LDLコレステロールになってしまうようです。

甲状腺ホルモンの増加

​LDLコレステロール値が低い原因としては、甲状腺疾患であることもあるようです。まず甲状腺というのは、のどぼとけのすぐ下にあって、甲状腺ホルモンを生成して分泌することで、体の代謝や発育を促す働きをします。甲状腺ホルモンも、LDLコレステロールと同じように、多くても少なくても体調不良になると言います。そして甲状腺疾患というのは、甲状腺ホルモンが多くなったり、少なくなったりなど異常分泌することで起こる症状のことをこう呼んでいます。甲状腺疾患の1つにパセドウ症があり、パセドウ症などになると甲状腺ホルモンの増加してしまうので、体の代謝がはげしくなって、LDLコレステロール値が低くなってしまうようです。

ほそみん
ダイエット中だからって、ひじきとか、きのこ類とか低カロリーの食事ばかり摂ったりしてない?それでいて一生懸命ジョギングしたり?ダイエットも良いけど、適度に肉や魚も食べないと、体調不良になったり、コレステロール値が低くなっちゃうこともあるのね。それに、LDLコレステロール値が低くなってしまう理由としては、コレステロールを合成する肝臓に肝炎とか肝硬変とか何らかの疾患がある場合もあるから、注意しなくちゃね。

LDLコレステロールを正常値まで上げる4つの改善法

LDLコレステロールを、正常値まであげたり、そこでキープするにはどうしたら良いのでしょうか?ここではその改善方法を4つ伝授しますよ。

動物性たんぱく質を摂取する

​「肉や魚の摂取量不足」の所でも説明しましたが、体内でのコレステロール生成にはその原料である脂質、糖質、ビタミンが必要です。その中でも特に動物性タンパク質には、コレステロールが多く含まれていますので、LDLコレステロール値が低い人は、意識してこれらを食べましょう。

動物性タンパク質が多く含まれる食材

  • 牛肉、豚肉、鶏肉など肉類
  • 鯵、カツオ、サケ、タラなど魚介類
  • 牛乳、チーズなど乳製品

動物性のタンパク質でもなるべく低カロリーにしたいという場合は、ツナ缶 、無脂肪牛乳などがおすすめです。あとは、野菜と肉と言うように、動物性タンパク質と野菜などを組み合わせて料理したり、揚げたりよりも、焼くか蒸すという調理法にすると低カロリーで良いと思います。

オレイン酸の摂取を控える

​オレイン酸というのは、オリーブオイルやキャノーラ油などの含まれている不飽和脂肪酸の1つです。そしてこのオレイン酸には、LDLコレステロールを抑制する効果があります。LDLコレステロール値が高い時は、このオレイン酸を積極的に摂ると良いのですが、反対にコレステロール値が低い人が摂取してしまうと、上げるのではなくさらに下げてしまいます。ですから、なるべくオレイン酸が含まれる食べ物は摂取しないように、もしくは食べても量を少なく取りましょう

オレイン酸を多く含む食べ物

​オリーブオイル、キャノーラ油、ひまわり油、ベニバナ油など植物油

マカダミアナッツ、アーモンド、カシューナッツなどナッツ類

枝豆、油揚げ、こうや豆腐など大豆類

ピーマン

とうもろこし

豚肉、鶏肉、牛肉など肉類

​飲み物はお茶以外にする

​緑茶などに含まれているカテキンの成分も、オレイン酸と同じように、LDLコレステロール値を下げる働きがあります。ですから、LDLコレステロール値を正常値まで上げようと思っているならば、その期間はなるべくカテキンが含まれるお茶などは飲まないようにしましょう。お茶といってもいろいろとありますが、煎茶、番茶、ほうじ茶にはカテキンが含まれています。その他カテキンというのは、お茶だけではなく、ワインやフルーツにも入っているので、下にカテキンを多く含む食べ物を上げてみましたので、これらはなるべく避けるようにしましょう。

カテキンを多く含む食べ物

​赤ワイン

コーヒー

ココア

渋柿

りんご

カカオ

ぶどう

ブルーベリー

バランスの良い食事を心がける

LDLコレステロールが低くなってしまう原因の1つは、栄養の​バランス悪いことです。特に脂質、糖質、ビタミンなどコレステロールの材料となる栄養素が不足すると、コレステロールを生成することができなくなりますので、コレステロール値を増やすならば、低カロリーの食品だけでなく、タンパク質や脂質なども入ったバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

ほそみん
LDLコレステロール値を上げるには、1にも2にも栄養を補給することです。そして、激しい運動でその栄養を消費しすぎないことも大切よ。

たんぱく質を摂取したい!でも太りたくない人へおすすめのサプリ

ほそみん
LDLコレステロール値が基準よりも低いと体にも悪いから、ちゃんと栄養を摂らなくちゃと思うけど、でも同時に太りたくないっていうのも女ご心よね。そんな時は脂肪の吸収を抑制するサプリなんかを一緒に使ってみるというのも、いい方法よ!

脂肪の吸収を抑制するサプリ

​「ファンケルカロリミット」

​ファンケルのカロリミットは、シリーズ累計販売個数4,600万個突破という、大人気のサプリです。ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来のファセオラミンな​どの成分が含まれていて、食事の時の糖と脂肪の吸収を抑えてくれるので、普段の食事の時や、炭水化物や脂っこいものなどを食べる時におすすめです。

​商品の特徴・食事の糖と脂肪の吸収を抑える
・食後の血糖値と血中中性脂肪値の上昇を抑える
​おすすめポイント​​ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来のファセオラミンなど5つの成分で、加齢によって代謝の低下など太りやすく痩せにくくなった人をサポート
​飲み方​1日3回まで、食事の前に飲みます
内容量​​10回分
​価格​648円

​*ファンケルカロリミットの口コミ


ファンケルカロリミット​の口コミを見ると、これを飲んで5キロ痩せた、8キロ痩せたなど大きく体重が減ったという人は少ないようです。カロリミットは脂肪や糖の吸収を抑えるだけですから、これだけを飲んで体重が減っていくというタイプのダイエットサプリではないようです。しかし、カロリミットを飲んでから食事をすると、食べすぎちゃっても体重が増えていなかったというものや、徐々にだけど体重が減ってきているなどという口コミが意外と多かったということは、しっかり脂肪や糖などの吸収を抑えているということですよね。

つまり、カロリミットを他のダイエットと一緒に使えば決して悪くないサプリということではないでしょうか?特に置き換えダイエットなど、1日に1食は低カロリーの食事をしている場合、他の2食でつい脂っこい物や、ラーメンやパスタなど炭水化物をがっつり食べたいという人は、カロリミットと併用するとさらにダイエット効果がアップするかもしれませんね。

ファンケルカロリミットの購入はこちらから

まずはLDLコレステロール値をチェックしてみよう!

よく悪者と言われてしまうLDLコレステロールについて、そしてLDLコレステロール値が低いとどんな影響があるかということについて、説明させていただきました。LDLコレステロール値というのは、基準値内にいれば、全く問題ないのですが、高かったり低かったりすると、体に悪い影響を与えることが多いので、まずは自分のLDLコレステロール値がどのぐらいなのかをチェックしてみましょう。チェックして、もし低いようならいつも食べている食品など食生活を確認してみて下さい。なぜLDLコレステロールが低いのかが、わかるかもしれませんよ。


mobile footer