【サノレックス】驚くべき2つの効果とは?唯一の厚労省認定やせ薬の実力を検証

【サノレックス】驚くべき2つの効果とは?唯一の厚労省認定やせ薬の実力を検証

KmHOx8pz.jpg

「サノレックス」はどんな効果がある?

サノレックスはマジンドールと呼ばれるダイエット薬で、スピーディーに作用して効果的なダイエットが期待できます。厚生労働省でも認められているこのダイエット薬は、食欲を抑えることで摂取カロリーを少なくしたり、運動をプラスしながら代謝を高めて痩せることが目的なのよね。

私、ほそみんもサノレックスの特徴をもっと知りたいと思っているのです。効果はどのくらいで感じるのか、副作用はどんなものか、サノレックスの情報をここでキャッチしましょう!


ほそみん
ダイエッターに注目されているサノレックスはどのくらいの効果があるのかしら?口コミも含めてしっかりシェイプアップができるか判断しましょう!

 サノレックスのダイエット効果

サノレックスを飲むとどうやってダイエット効果があるのか、そのメカニズムをここでチェックしましょうね。ダイエットに根本的な2つの作用をしてくれるサノレックスは、体に負担をかけない痩せ方ができるでしょうか。また簡単にできるなら三日坊主に終わらずに継続することができます。

食欲抑制

サノレックスの第一のダイエット作用は食欲を抑制することです。サノレックスは脳の視床下部にある食欲をコントロールする部分に働きかけて食べ過ぎを防いでくれるのです。今まで食事制限をして挫折していた方でも空腹感に襲われずに無理なく摂取カロリーを抑えることができるので体脂肪が減るのです。

忘年会などでつい今日だけなら…と気が緩んでしまうときでもサノレックスがしっかりコントロールしてくれるので安心ですね。生活が夜間に傾いている方でも夜食によって太ってしまう心配がなくカロリーカットをサポートしてくれますよ。

代謝促進

ダイエットをするには代謝を促して脂肪を燃焼することが大切です。サノレックスは、運動をプラスすることでエネルギー変換を助けたり、代謝をスムーズに行ってくれるので脂肪の蓄積を抑えることができます。また代謝を高める為にも普段の食生活を見直して、アミノ酸、ビタミンB、そして海藻に多く含まれるヨウ素などをバランスよく食べるようにしましょう。


服用していつから効果を得られる?

薬であるサノレックスは何ヶ月にも渡ってジワジワと効果を実感するダイエットサプリとは異なり即効効果が期待できます。しかしそれだけに効果の高い薬として誰もが気軽に購入できるものではないのはもちろん、病院に行ってもBMI値が35以上と判断された場合のみ処方される、肥満が健康に支障を与えるというレベルに達した時の治療薬として有効なのです。

さらに食事や運動を試したけれど、効果が得られなかった時の最終手段として使用されるのが一般的ですよ。

効果が表れるのは5〜6時間後

サノレックスを飲むとだいたい5〜6時間後に効果が現れるようです。また摂取時間は昼食の30分前に飲むのが効果的と言われています。それは朝と昼は日中の活動によって摂取カロリーが効率よく消費できるほか、全食事をサノレックスでカットしてしまうと筋肉が落ちると同時に基礎代謝が落ちるので痩せにくい体になってしまうからです。

またサノレックスの服用は1日1粒ですので、昼に飲むことで5〜6時間後の夕食の量を抑えることができ脂肪の蓄積をカットできるのです。早く痩せたいからと1日に2粒を毎日飲んでしまうと効かなくなってしまうこともあるので注意しましょうね。

効果が持続するのは5~7時間

食欲抑制は5〜7時間ほど続くので昼食前に飲めば夕食から夜中にかけて十分食欲を抑えることができます。つい夜更かしをしてしまって夜食をパクパク食べてしまう習慣がある方は、サノレックスがサポートしてくれることでしょう。

夜間は新陳代謝が低下する為、脂肪がつきやすくなります。それにも関わらず夕食は一日の終わりの食事としてカロリーが高めの食事になりがちで、飲み会なども夕食時に行われるため、サノレックスでしっかり食欲コントロールすると脂肪の蓄積を抑えることができますよ。


効果なし?あり?口コミを調査

ここではサノレックスを実際飲んだ方がどのようにダイエット効果を得ることができたのか、じっくり見てみましょう。どのくらい痩せることができたのか、副作用そして摂取後に起こった症状などをチェック!

痩せた

2ヶ月で11kg減量できるとはこれからサノレックスを使用してダイエットをしたい方に期待を持たせてくれます。くれぐれも体調に合わせて無理のないダイエットをしましょうね。​

お腹が空かない​

食べ過ぎてしまう時にサノレックスがあればお箸もすぐに置くことができますね。食べることばかり考えることもなく、ストレスのないダイエットが継続できます。

 副作用がある

サノレックスは薬であるためそれだけに副作用もあるようです。下痢や多汗になるなどの他、性欲アップというコメントもありました。摂取前には後にお伝えする副作用の注意を読んで正しい飲み方をしましょうね。

後に不快症状が起こる

リバウンドが起こるのはサノレックスに起こりやすい副作用の一つです。無理をせずに快適にダイエットをするためにも摂取量などを守りましょうね。情緒不安定になってしまうのもちょっと辛い副作用です。不安な時には摂取前に医師に相談すると安心です。 


副作用も多いので要注意

口コミでもあったようにサノレックスを飲むと5人に1人は副作用を感じてしまうようです。痩せたいといきなり大量に飲んでしまったりするのはもちろん、アルコールと一緒に飲むと副作用が酷くなり気分が悪くなるというコメントもありましたので気をつけましょうね。

また一日1粒の摂取量を守っても、不快症状を感じたという方もいましたので、体調に気をつけながら無理をせず健康的に痩せるようにしてください。また副作用が軽症であっても症状がだんだん悪化してしまったり、治らない場合は病院を訪問してくださいね。

便秘

便秘は副作用の中でも軽い副作用で、それほど心配のない不快症状のようです。もちろん通常は便通があったのに、サノレックスで便秘がどうしても改善できない場合は下剤で解消せずにまずは中止をして様子を見ましょう。

睡眠障害

長期間、サノレックスを多めに摂取している時に副作用や効果があったからと急にやめたりすると不眠などの副作用が起こることがあります。​また痙攣や不安感なども起こることがあります。

吐き気・動悸

吐き気や動悸も副作用の中で起こりやすい症状ですが、すぐに治るようであればそれほど心配する必要はないようです。症状が続くようであれば摂取を中止します。

胃の不快感

胸焼けをしたり胃痛などが起こってしまう時は摂取を控えて様子を見ましょう。サノレックスを飲むたびに胃の調子が悪くなる時には、消化不良になって体に負担をかけてしまうので無理な摂取はやめて医師に相談するようにしましょうね。

耐性がついてしまう

1日に2錠以上長期間飲んでしまうと効かなくなってしまうことがあります。中には1週間で空腹感を感じてしまうこともあるようです。効果がないからとむやみにどんどん摂取してしまうと副作用が起こる確率が高くなるので、摂取しているのに食べ過ぎてしまうと感じたら処方してもらったクリニックや病院で相談するようにしてくださいね。


ほそみん
ダイエットに焦ってしまうと、つい用法を守らずに多く飲んでしまうこともあります。もちろんしっかり用法通り飲んでいても副作用が起こることがあるので、少しでも不快症状を感じたら使用を中止して体調を整えましょうね!


サノレックスの値段は?

サノレックスは市販や公式サイト、通販などで販売されていません。そのため、自分でちょっと薬局や通販などで調べることができない点がデメリットです。しかしサノレックスは風邪薬のようにシンプルな薬でないため、このように簡単に購入できないことはある意味私たちの健康を守ってくれていると言えます。

でもサノレックスを試してみたいと思った時には、値段はどのくらいするのか気になるのは当然。そこでサノレックスはどのくらいの値段で購入することができるのか、処方しているクリニックを参考にここでお伝えします。

相場は500円前後

副作用が起こる可能性のあるダイエット薬、サノレックスは1錠500〜1,000円です。最低でも1ヶ月飲むとなると15,000円はかかるので、決して安い薬品ではありません。サノレックスの摂取は健康を守るためにも用法は1日1錠、最大でも3ヶ月以内の摂取と決められています。

食欲制限を促して、できるだけ摂取カロリーを抑えるには昼食前に飲むことが勧められていますが、肥満度が高い場合は1日3錠までは摂取が可能なようです。もちろん、このように特別な摂取法が必要な場合は必ず医師の判断に任せて自己で決めないようにしてください。

また副作用にもあるように長期間多くの量を摂取してしまうと依存症になってしまうので注意しましょうね。ここでは4つの美容クリニックが処方するサノレックスの値段を比較しました。 

クリニック​​値段
​湘南美容外科​540円(1錠)(事前に別料金で血液検査要)
​城本クリニック​​540円(1錠)​
​品川スキンクリニック​​480円(税抜)(1錠)​
​水の森美容外科​​19,000円(1ヶ月分)*キャンペーン中のため割引だが、通常では28,000円

水の森美容外科ではキャンペーンで9,000円割引になっていますが、他のクリニックでは1ヶ月分は約15,000〜16,000円前後となりますので利用しやすいと言えるでしょう。またサノレックスの相場は1錠1,000円のものもあるようですが、できるだけ購入しやすいように低めに設定されていると考えられます。しかしBMI値が高い場合は保険が適用されるので次の項目でチェックしてくださいね。

BMI指数35以上で保険適用

サノレックスはBMI値35以上であると、保険が適用されることになっています。そのため3割安くなるため1錠500円のサノレックスなら350円で購入することができます。

そもそもサノレックスが処方されるときは、体脂肪率(BMI)が35以上である肥満度が3度の場合ですので、クリニックで肥満度が3度以上であると判断されてサノレックスの服用を勧められても保険のことを告げられない場合はすぐに問い合わせましょうね。

サノレックスは最大でも3ヶ月間の摂取が上限ですので、コストが大幅にかかってしまうということはありませんが、3ヶ月フルに摂取するとなると1ヶ月分15,000×3(月)=45,000円となります。保険が適用されれば45,000×30%=31,500円となり、13,500円節約することができるため利用価値大です。ちなみにBMI値を知る計算法はこちらです!


BMI=身長(m)x身長(m)x体重(kg)


サノレックスの入手方法

食欲を抑えたり、新陳代謝を高めてダイエットを促進するサノレックスは特殊な薬であるため、それなりに副作用も起こりやすいものです。そのため薬局や通販など、誰でも簡単に手に入れることができる場所やネット上では購入できないようになっています。

それほど太っていなくても自分は肥満だと自己判断してはむやみに飲んでしまうかたもいるため、不快症状が出やすくなっては危険だからです。サノレックスは先の項目の値段比較でお伝えしたクリニックをはじめ病院でのみしか処方してもらえない薬です。それはどうしてなのか読み続けましょうね。

病院での処方のみ

20%の割合で副作用が起こりやすいサノレックスは、ダイエット薬というよりも実際には向精神薬の一つであるため慎重に取り扱う必要があります。そのためクリニックや病院のみしか処方されず、さらに肥満度が3のレベル、BMI値が35以上であると判断された時に初めて手渡されるものです。

つまり、このままの状態でいると健康に支障を与える恐れがあるため、自己のダイエットでも改善できなかった場合などに最終のサポートとして利用されると言えます。神経に作用しながらダイエットを促すサノレックスの摂取量はできるだけ少なく、また短期間で行うようにメーカーでも推奨しているのも事実。

もちろんクリニックや病院から処方されても、依存せずに、医師に指示された飲み方を守って安全なダイエットをするようにしましょうね。

個人輸入は不可

サノレックスを処方してもらうほどでもない肥満度である場合でも、スリムな体型になりたいとこだわってはサノレックスをどうにかして手に入れられないかと思いがち。そんな時に思いつくのが個人輸入なのですが、サノレックスは向精神薬ですので、向精神薬製造製剤業者や向精神薬卸売業者、病院やクリニックなどの医療機関、向精神薬輸入業者のみが取り扱いできることになっています。

個人輸入ができたとしても、薬事法をはじめとする様々な法律に違反してしまうことになるので絶対にしてはいけません。サノレックスが必要でないレベルの肥満度であるときは、それほど健康を害するほど体脂肪が付いていないことです。そのためダイエットサプリを摂取したり、運動や食事療法などを見直して、体に負担をかけずに健康的なダイエットをするように心がけけることが大事です。


効果は高いけど副作用もある。注意して飲もう

スピーディーな効果が期待できるサノレックスですが、飲み方に注意しないと様々な副作用が起こることがあるので慎重に摂取することが大切です。あくまでも肥満度の高い場合に利用する薬ですので、むやみに人からもらったりして自己判断で飲まないようにしましょうね。

またサノレックスは依存症になりやすいこともあるので、クリニックや病院で処方してもらう前に、運動や食事で自分なりの効果的なダイエット法を身につけておくと良いでしょう。サノレックスで体脂肪が減少できた時に、少しずつ摂取量を減らすと同時に、薬に頼らないダイエットを行っていけばサノレックスの効果をしっかり発揮させることができます。

mobile footer